2006年09月28日

モーツァルト効果

 『ネットワークビジネスリスク研究所』掲示板でやり取りしているところに、『モーツァルトセラピー』という単語が出てきた。
 咄嗟の印象は「音楽を聴いてリラックス」程度だろうと予想したのだけど、どうも微妙に違うらしい。モーツァルトの音楽を聴くと、子供の学習能力が上がるのだそうだ。
 臨床論文もあるという話なので、眉がベトベトになるまで唾を付けてから検索。
 ……こういうのは普通、言い出した方が根拠となるデータを出すものなのだけどなぁ。
 Wikipediaの日本語版には該当するものはなかったけど、Mozart Effectが英語版にはあった。他にも幾つか有用そうなサイトが出てきたので、調べてみることにした。

 それによると、だ。
 『モーツァルト効果』の出所は、フランスの物理学者Alfred Tomatisなる人物が唱えたものらしい。Tomatisは音響と音楽の生理に及ぼす効果を50年以上かけて観察したところ、モーツァルトの曲が一番効果的だったとしている。(1)
 ……イグ・ノーベル賞候補になるな。
 と、普通なら記憶のゴミ箱に放り込んで終わりの話なのだけど、どこからかおかしな臨床論文が上げられ、おかしな方向に曲がってしまった。
 その『おかしな』臨床論文を提出したのが、1993年のウィスコンシン州立大学の心理学者Francis H. Rauscherと、カリフォルニア州立大学アーバイン校の物理学者Gordon Shawのグループ。モーツァルトの『2台のピアノのためのソナタニ長調K.448』を聞かせたところ、空間認識力の向上と、知能指数8~9ポイントの上昇が確認された、という内容らしい。(2)(3)
 この論文は科学誌『Nature』で発表されたようだが、そのNatureのサイトで『Mozart Effect』を検索しても、該当する論文のタイトルは見つけられなかった。10年以上の論文だから掲載されていない、とは思えないのだが……。それとも、『ガセネタ』と判断されて削除されたのか……。
 ……他の理由があったとか、調べ方が悪かったとかの原因かも知れないけどな。

 では、「『モーツァルト効果』に関する論文は見つからなかったのか?」と言うと、そうでもない。全部で8件のヒットがあり、うち3つは同じ内容なので、合計6件の論文が出てきたことになる。さらにそのうち、『モーツァルト効果』に言及しているのは3つしかない。
 1993年にあったとされる発表から13年も経つのに、アクセプトされた論文がこれだけしかないと言うのは、ほとんどの専門家が初めから無視しているか、追試をしても結果が出ていないか、なのだろうな。
 ……と言う勝手な思い込みはさておき。
 その検証の内容だが、『モーツァルト効果』の存在を肯定する内容ではない。
 これはNature誌1998年8月26日版に『Prelude or Requiem for ‘Mozart Effect’』というタイトルで寄稿されたものだ。残念ながら本文は有料のため手を出せないが、概要だけでも『モーツァルト効果』を否定しているのが判る。(4)(5)
 Christopher F. Charbisはメタ分析を行い、Rauscherらの「変化した数値は微小であり、知能指数の上昇や空間認識力の向上に寄与しているとは判断できない」と断言しているし、Kenneth M. SteeleらはRauscherらの論文通りに追試を行い、「音楽を聞かせることで理由付けする能力が向上するという直接的な証拠は得られなかった」としている。
 ……科学的でない感想を言わせてもらうと、だ。経験則から「効果なんてない」って判らないか、そんな事?

それらの報告に対し、Rauscherは反論、というか自説の否定をしている。(6)
 「CharbisとSteeleらが繰り返しているのは、『モーツァルトの音楽を聞くことで知能指数が向上する』という部分だ。しかし我々はそのような主張を行ってはいない。この効果は、空間認識力を要する単純作業に限定されている」
 ……ぉぃぉぃ。1993年の論文が読めないので真偽は問えないのだけど、当時の自分達の研究を否定してどうするよ?

 ともかく。
 モーツァルトの曲を聴いたところで、知能は上がらないという事だ。これは最初の論文を提出したRauscher本人の主張なのだから確実だろう。
 学習能力については、今回調べた範囲ではRauscherはまだ固執しているようだけど、現在はどうなのかね?
 New York Times誌のインタビューで、Rauscherは別の失言もしたようだ。(7)
 「私は子供たちに素晴らしい文化的体験をさせたいだけだ。音楽教育にもっと費用をかけるべきだと思う」
 ……情操教育は必要だろうけどさ。Steeleの反証への言い訳としては、余りにもお粗末、というか見当外れな発言でないか?
 ちなみに和訳は俺がやっているので、翻訳専門家の正確さを保証したものではない、と付け加えておく。

 結果としては、やはり眉に唾付けて正解だったようだ。
 個人的には、『モーツァルト効果』が存在しようがしなかろうが、別にどうという事はない。
 気に入った音楽なら、何度でも聞きたいしリラックスにもなる。作業効率が上がるかと訊かれると、疑問だけど。嫌いな音楽なら、聞くだけで苦痛だし、無理して聞かされようものなら途中で眠りこけてしまう。
 ……まさかこの居眠りを、『リラックス効果』とは呼ばない……よな?
 そしてモーツァルトを始めとするクラシック音楽というのは、俺にとっては「眠くなる」の一言で却下の対象だ。
 ……2台のピアノのためのソナタニ長調K.448……? 知りません。何ですか、それ?
 その程度のものだ。


◆参考インターネット◆
1) The “Mozart Effect”: http://www.excel-ability.com/Models/MozartEffect.html
2) Mozart effect: http://en.wikipedia.org/wiki/Mozart_effect
3) 頭の良くなるモーツァルト:http://hb8.seikyou.ne.jp/home/pianomed/344.htm
4) Christopher F. Charbis “Prelude or requiem for ’Mozart effect’,” Nature 400, 826-827 (26 August 1999):
http://www.nature.com/nature/journal/v400/n6747/abs/400826a0_fs.html
5) Kenneth M. Steele, Simone Dalla Bella, Isabelle Peretz, Tracey Dunlop, Lloyd A. Dawe, G. Keith Humphrey, Roberta A. Shannon, Johnny L. Kirby Jr. & C. G. Olmstead “Prelude or requiem for ‘Mozart effect’,” Nature 400, 827 (26 August 1999): http://www.nature.com/nature/journal/v400/n6747/abs/400827a0_fs.html
6) Francis H. Rauscher “Reply: Prelude or requiem for ‘Mozart effect’,” Nature 400, 827-828 (26 August 1999): http://www.nature.com/nature/journal/v400/n6747/abs/400827b0_fs.html
7) Lucie Renaud “The Mozart Effect: True or Bogus?” (1 October 1999): http://www.scena.org/lsm/sm5-2/mozart-en.htm
posted by にわか旅人 at 22:32| Comment(1) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月19日

マイナスイオン(3)

 と言うことで、この堀口昇(自称)医学博士なる人物を調べてみるか。
 まず覗いてみたのが、この自称医学博士が会長をしている『環境・還元イオン医学研究所』のサイト。http://www.reduction-ion.org/erim.html
 ぉ。堀口昇のプロフィールが出ている。
 ……なになに?
 ===引用開始===
1936年北海道生まれ。
独自の医学に関する科学及び技術の研究促進を図り、最先端の医学及び医療の水準の向上に寄与することを目的とする医学会を設立したいという志によりUniversity of the East大学医学部全過程を終了、医学博士、Ph.D.の称号を取得。マイナスイオン(カンゲンイオン)医学においては35年余り研究を続け、数多くの臨床データの発表をするなど、21世紀高度医療の最先端“マイナスイオンの第一人者”として、幅広い分野で活躍している。また、静電気を中和して消去する研究においても、世界的権威者として注目を浴びている。
===引用終わり===
 ……なる程。このプロフィールで医学博士なのはわかった。なので、これからは(自称)は付けずに堀口博士としよう。
 それでも、「なんだかなぁ〜〜〜?」な人物であるのには変わりない。

 しかも、何やらまた怪しい単語が出てきたな。『カンゲンイオン』ってこれ、マイナスイオンを言い換えただけか? これでまた、変な機械買わされる人が出るんだろうなぁ。
 ところで、「数多くの臨床データ」って何だよ。Natureで検索しても一つも出てこないのだけど、それで「発表した」とか、「世界的権威者」とか、言っていいのか?
 ちなみに、これがNatureのサイト。↓↓
http://www.nature.com/index.html

 『minus ion』『negative ion』『Noboru Horiguchi』で検索して、 該当する文献のヒットはなさそう。さすがにン千個とある文献を全部調べた訳ではない。でも、『Noboru Horiguchi』を一語で検索すると、ヒット数は0。『Horiguchi Noboru』でも同じくヒット数0。
 さて、これで「世界的権威者」ですか?

 ちょっと蛇足で、ここがUniversity of the Eastのサイト。↓↓
http://online.ue.edu.ph/manila/

 フィリピンにある大学ですか……。『最先端の医学及び医療の水準の向上に寄与することを目的とする医学会を設立したい』っていう志は立派だけど……最先端!? フィリピンの人には失礼だけど、医学で最先端の国か、ここ?
 それはともかく……海外で取得した医師免許、日本で通じるのか?

(4に続く)
posted by にわか旅人 at 02:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年04月16日

水素は好きですか?

 先月の『健康博覧会2006』の資料を整理していたら、怪しい商品カタログが沢山出てきた。怪しい企業が目白押しの展示会だったから、当然と言えば当然か。
 その中の一つを紹介。
   株式会社H4O http://www.h4o.co.jp
   
 まず何が怪しいかと言えば、社名にもなっている“水素結合水”なるH4Oっていう水。
 あの〜〜〜。構造上、存在するのは絶対に無理だと思えるのですが?
 万が一作るのに成功したら、それこそ「自然界には存在しない」物質として、それこそどこかの学会に発表すべきでは? つぅか、これはもう『水』じゃないって。そんな物騒なもん、飲料で販売するなよ……。
 最近の学習要綱は知らないけど、少なくても俺が学校行っていた時には、こんなものは存在しない、って教わっていたけどな。で、もしこんな化学式があるとすれば、IUPACに従えばTetrahydrooxideでしょ? 違うの?

 では、『PRODUCT プロダクト』に飛んでみる。ドリンク(DRINK)、ペットドリンク(PET DRINK)、化粧品(COSMETICS)の3つの項目がある。
 Drinkには商品が2つ。『H4O-600mV 水素結合水』と『H4O SPORTS the foremost water』。
 笑えるのが、H4O SPORTの商品説明。
===引用開始===
私たちは水素を燃やしてスポーツしています。
アスリートは「水素」を「出力」に変えて、より高く、より速く、より強く、限界に挑戦しているようです。
===引用ここまで===
 アスリートというのは核融合(それも常温!!)で動くのか(驚!!)と想像してしまった。それとも水素エンジンか!? いずれにせよ、これはもう生物ではないですな。
 ちなみに私は、ブドウ糖をクエン酸回路でATPに変え、それを燃焼して運動しています。確かそのはず。
 アスリートが人外の存在では、私がどう頑張って、何年練習しても勝てないはずです。納得。

 『DISCOVERY H4Oの魅力』では、Q&A形式でH4Oの説明している。
 その中の『H4Oの科学』から。
 ===引用開始===
水素原子Hはふたつでひとつの水素分子H2を形成します。このことからOH-またはH+では水素とはいえません。ですから、「活性水素」※という言葉は造語で、実際には存在しません。
「活性水素」※とは電気分解で生成された水に含まれるとされるOH-またはH+のことで、俗に「活性水素」と呼ばれています。しかし、実際には水素ではないため、溶存水素計で水素量を検知することはできません。
===引用ここまで===
 活性水素は存在しないとの説明は、まぁ正しいかな。気体原子が安定して存在できるはずないので、ラジカルで存在できる時間なんか滅茶苦茶短いからね。
 でも、OH-とH+を一括りに『俗に「活性水素」』って呼ぶのはやめてくれぃ。水酸化物イオンと水素イオンって呼び名あるのだから。
 ちなみに、最近は水の分解ではOH-は使わず、H3O+が使われているはず。水素電池の開発から始まったにしては、化学知識がちょっとお粗末でないかい?

『DISCOVERY H4Oの魅力』→『H4Oの水素は?』も笑えた。
===引用開始===
水素は人間のエネルギー源であり、体内構成元素でもあります。
また、厚生労働省が認可している添加物です。
===引用ここまで===
 どうやらどうあっても人間を水素燃料で動く「何か」にしたいようです、この企業は。
 それに『厚生労働省が認可』している『添加物』って、なんだよ……。水素は添加物じゃないし、厚労省の認可が必要な代物でもないぞ。
 余談だけど、厚労省は添加剤の認定はしない。1999年ごろ(だったかな?)の法改正から、安全性に問題のある添加剤は規制をかけたり検討するとかの動きはするけど、新しい添加剤の使用と安全性については、使用する企業が責任を持つことになっている。

 この『H4O』というの、実はHPでは説明されていないけど、もらったカタログの記載に、ある一文がある。

 『 H 4 O は 株 式 会 社 H 4 O の 登 録 商 標 で す 』
posted by にわか旅人 at 17:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

マイナスイオン(2)

(1からの続き。やっと書けた)

 冷静に考えてみよう。
 「アトピーが治った」「癌が治った」なんて話、そもそもどこから出てきたんだ?

 と言うことで、『マイナスイオンでよみがえる健康』(堀口昇、現代書林、ISBN4-7745-0252-9、¥1,400)を紐解いてみる。
 …………ふむふむ。
 肺癌、クローン病、自律神経失調症、糖尿病、アトピー性皮膚炎、脳性麻痺、心筋梗塞、脳梗塞、慢性肝不全、リウマチ、進行性筋ジストロフィー、肺気腫、などが治癒したって体験談が30ページを越える量で書かれている。
 ……見境い無ぇ。まさに夢の、万能治療法!!
 んじゃあどれだけ凄い治療法かって言うと……正直良くわからん。患者以外には見せないってことかよ。
 ……そんな後ろ暗い治療器なのかな?
 体験談を除く200ページ近い内容は、多少言い方を変えてこそすれ、ひたすら同じ説明の繰り返し。『万能なるマイナスイオン』『疑うなかれ、マイナスイオン』『称えよマイナスイオン』『人類の救世主マイナスイオン』みたいな、気分が悪くなる宣伝しかない。それこそまさに新興宗教のノリ。
 まぁ、体験談がいかにいい加減なのかは、指摘することもないだろう。この間のアガリクスの宣伝本で、体験談が全て筆者の捏造だった、なんて事があったくらいだから、真面目に信じようなんて人、そんなにいやしないだろう。
 それより、医学博士って肩書きにしちゃあ、参考文献の質、お粗末すぎやしないかい?せめて自分が研究発表した文献ぐらい出してくれよ、自分の執筆本じゃなくさぁ。
 つか、医学博士って肩書きで出している本なら、ちゃんとした実験データも併せて出せよ。
 この時点で、この自称医学博士兼医院長(専門が何科であれ)の診察は絶対受けない、という決意だけは固まった。まぁ、医師免許がなくても『医院長』は名乗れるからな。
 ……やっぱ、健康産業界に跳梁跋扈する医学博士は、紛い物の方が多そうだ。

 ところで、さ。
 『マイナスイオン』『プラスイオン』って、学術用語じゃないよな。普通化学で使うのは、『陰イオン(Anion、アニオン)』『陽イオン(Cathion、カチオン)』だもんな。なんでこんな変な単語が広まっているのか、実に不思議。中学生の内容なのに、おかしいと思わなかったのかねぇ。

(3に続く)
posted by にわか旅人 at 01:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月14日

マイナスイオン(1)

 仕事の延長上……からはちょっと外れているかもしれないが……『マイナスイオン』なるものを調べてみた。ネット検索したところ、出てくる出てくる……ぉぃぉぃ、いったい幾つ出てくるんだ?!
 出てきたのを見てみると、ケンコーコムその他、健康雑貨・食品・飲料系のサイトがぞろぞろぞろぞろ……と凄い数。ヒット数をメモしなかったのが悔やまれる。
 マイナスイオン製品探してるんじゃなくて、定義とか説明してるサイトなんですぅ、探してるの……。
 ……で、探し回ることしばし。
 やっと出てきたいくつかのサイト。リンクは後で貼るかもしれないとして(一発目だ。操作なんか把握してるものか!)、『マイナスイオン』とは……

 空気中の水蒸気が、電荷を帯びた『空気イオン(なんだ、これは。気体中で分子がイオン化するのか?』とくっつきあってできたもの……らしい。そして、負電荷を持ったものが『マイナスイオン』、正電荷を持ったものが『プラスイオン』……らしい。
 ……よくわかんね。
 つまりマイナスイオンってのは、元は空気中に漂う水蒸気で、たまたま取り込んだ空気イオンが陰イオンだったから、『マイナスイオン』って呼んでるだけか?ってことは、陽イオンを取り込んだ水蒸気は、『プラスイオン』ってことか。
 ふむ。なんとなくわかった。
 では一歩進んで、マイナスイオンと健康の関連性を調べてみよう。過去にあれだけ大騒ぎして、大手家電メーカーも色々と販売してたんだ。何かあるだろう。
 …………ん〜〜〜〜〜〜〜〜。調べ方悪かったかなぁ。マイナスイオンで医者に見離されていた病気が治ったとか、アトピーが治ったとかの体験談とか、マイナスイオンを取り扱っている本の名前しか出てこないや。本なら会社にもあるから、そっち調べればいいかな?
 んじゃあ、またちょいと飛ばして、と。
 マイナスイオンが健康に良いなら、プラスイオンは健康に悪いと考えていいのかな?
 ……と思いきや、やっぱりプラスイオンは人体に有害らしい。その影響は、老化の加速から免疫力低下、アトピーや花粉症に見られるアレルギー体質、さらには皮膚ガンやら内臓疾患と、そりゃあ思いつく限りの病疫の原因らしい。それもそのはず、プラスイオンは活性酸素とほとんど同じようなものだから。
 だから、マイナスイオンをもっと吸いなさい、って話になるようだ。しかも効果はこれだけじゃない。マイナスイオンが豊富な水は、水道水よりもっと自然に近い状態なので、、味がまろやかでおいしいし、人体にも良い結果になるらしい。ついでに、マイナスイオンの豊富な風呂に入れば、肌はツルツルのピカピカ、ぬめりの原因である雑菌を殺し、風呂の掃除や水の交換も不要になるって事だ。

 こうも便利な水が世の中にあるなら、使ってみようかなぁ……なんて気にもなるもんだ。

 でも、ちょぉぉぉぉぉぉっと待て!!!   (2に続く)
posted by にわか旅人 at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
重力子(グラビトン) by aj (10/28)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 助けてください (07/31)
重力子(グラビトン) by a (04/19)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。