2008年02月24日

ニューウエイズに業務停止命令

 出遅れた感があるけれど……。
 連鎖販売取引(いわゆるマルチ商法)のニューウエイズジャパン株式会社(神奈川県横浜市、以下ニューウエイズ)に対し、2008年2月20日付で、経済産業省から3ヵ月の業務停止命令が下された。

   読売新聞『「他社製品は有害」と虚偽説明、日用品販売業者を業務停止処分』2008年2月20日
   http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20080220-OYT1T00658.htm
===全文掲載===
 他社製品は健康に有害であると偽って、練り歯磨き粉や栄養ドリンクを販売したとして、経済産業省は20日、日用品・化粧品販売「ニューウエイズジャパン」(横浜市)を特定商取引法に基づき、3か月間の業務停止命令を出した。処分は21日から。

 経産省によると、同社の会員になっている歯科医などは市販されている練り歯磨き粉や洗剤には有害な化学物質が含まれているとする虚偽の説明をし、「自然成分で作ったから」と自社の製品を売り込んでいた。

 ニューウエイズジャパンをめぐっては、「他人に商品を紹介すると収入が入る」などとうたった勧誘方法が事実と異なるなどとする苦情が消費者センターに数多く寄せられたため、同省が昨年9月に立ち入り検査した。その後も苦情が減らなかったため、処分に踏み切った。同省によると、同社は米国に本社がある連鎖販売業者の日本法人。国内でも約49万人の個人と約560社の法人会員が参加し、売上高は年間約599億円に上るという。
===ここまで===

 さて。
 ニューウエイズの主力商品の1つ、『マキシモルソリューション、Maximol Solutions』は、前に別のエントリでも書いたが、フルーツの風味を加えた『ドロ水』だ。

   『植物性コロイドミネラル』
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/47797278.html
   『コロイドミネラル販売企業』
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/48918253.html

 「砕いた土砂を水に漬け、茶色の上澄みに飲みやすいようにフルーツの味付けをしたもの」を『ドロ水』以外で表現する単語を、今に到っても思い浮かばずにいる。

 『ドロ水』の話はさておき。
 ニューウエイズが業務停止を受けた理由は、経済産業省の発表によると、「勧誘目的等不明示、不実告知、利益が確実と誤解させる断定的判断の提供、目的を告げずに公衆の出入りする場所以外における勧誘及び迷惑勧誘」だそうだ。

   経済産業省『特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令について』2008年2月22日
   http://www.meti.go.jp/press/20080220002/20080220002.html
   http://www.meti.go.jp/press/20080220002/tokusho.(末尾にpdfと打ち込む事)

 また、経産省はDVDやその他の違法な勧誘資料を点検・回収するよう指導している。

===引用開始===
また、併せて同法第38条第1項の規定に基づき、同社に対し、勧誘のために使用しているDVD、ビデオテープ及び印刷物の内容を点検し、不実のことを告げて勧誘する内容を含むものを回収し、
===ここまで===

 難しいとか困難だとか、3ヵ月では短すぎるとかの話ではなく、実際のところ回収は不可能だろ、これ。個人会員で約49万人と法人会員で約560社の全てで、どれだけの違法な勧誘資料が出回っている事やら。

 Amazonで「ニューウエイズ」を検索すると、2008年2月24日現在、71冊の書籍が出てくる。
     http://urx.nu/8gAu

 一部は批判本だけれど、ニューウエイズを肯定する書籍が勧誘に使われなかったとは考えられない。……と言うか、「使われなかった」と証明する事はできないから、これらの書籍も回収対象に入れるのが妥当だと思うのだけどね。
 ……これらの回収費用だけでも、他人事ながら気の遠くなる額になりそうだ。

 そうそう。
 ニューウエイズのヨイショ本と言えば、ニセ名誉勲章の『ザンテ・聖デニス・ギリシャ勲章』を持つ岡崎敬得(おかざき たかじ)という医師がいたな。

   『ザンテ・聖デニス・ギリシャ勲章』
     http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/40439770.html

 岡崎氏が執筆した書籍は12冊。
     http://urx.nu/8gAE

 「ニューウエイズ」「経皮毒」関係でないのもあるが、この御仁の名前はあちこちの掲示板で少なからず見かけている。せめてこれら12冊は回収しておかないと、経産省から改善努力をしているとは見てもらえないのでないかい?

 しかしながら、ニューウエイズ側に回収する気配を伺えないのだよな。

   ニューウエイズジャパン株式会社『「連鎖販売取引」に関わる説明について』2008年2月22日
   http://www.neways.com/japan/news080222-2.aspx
===引用開始===
第38 条第1 項及び第39条第1 項の規定に基づき、平成20 年2 月21 日から同年5 月20 日までの3ヶ月間、新規ディストリビューターの登録の勧誘及び新規登録契約の締結等の一部業務を停止する旨の命令及び弊社ディストリビューターが独自に製作・使用するDVD等の点検、回収等を内容とする指示を受けました。
===ここまで===

 「指示を受けた」と書いているが、何をどうするのかには全く触れていない。
 と思ったら、2008年2月7日付で、一応公式以外の資料を回収する案内は出していたようだ。
   http://www.neways.com/japan/news080207.aspx
===引用開始===
もしも皆様が独自に製作されたニューウエイズビジネスに関するDVDやビデオテープ、印刷物等があれば、または、他の方が制作したものであっても皆様のお手許にあれば、それらの資料を全て当社コンプライアンス課に送付して下さるようお願いいたします(料金着払可)。また、そのような資料をお見かけした方は、皆様のお手許にない場合でも、当社コンプライアンス課まで詳細についてご報告頂きますよう、宜しくお願いいたします。
===ここまで===

 ただし上記引用元のリンクは、ニューウエイズのHPでは見当たらない。ita氏の掲示板で紹介されていたものだ。
   http://italic.cside.ne.jp/c-board/c-board.cgi?cmd=one;no=2222;id=nw

 ニューウエイズHPのトップページ下部にある『DVDやビデオテープ、印刷物等について(08.02.07)』をクリックしても、辿りつけるのは2007年10月23日付の『ディストリビューター業務ルールについて』のページだ。

   ニューウエイズHPトップ
   http://www.neways.com/japan/#
   ニューウエイズHP『DVDやビデオテープ、印刷物等について(08.02.07)』、実は「ディストリビューター業務ルールについて」
   http://www.neways.com/japan/DistributorRules.aspx

 どう肯定的に見ようとしても、ニューウエイズ側に対応する意思があるとはとても思えない。
 まぁ、前もって指摘しているように、対応したくてもできないだろうし。

 しかしなんだ。
 現在収監中の設立者の理想(セールストーク)に賛同し、未来の幸せのために借金をしてまでお布施(と売れる当てのない買い込み)でランクを買い、健康とエコを謳って感涙してドロ水を啜る。勿論、理想のためなら法律は無視して当然、と。
 こんな連中が約49万人もいるのか。

 ……これって、どう見ても新興宗教やカルトのノリだよな。
posted by にわか旅人 at 18:18| Comment(4) | TrackBack(0) | 悪徳商法追放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
MLM・ネットワークビジネスの成功ノウハウを販売しております。
貴ブログで販売協力(アフィリエイト協力)をお願いします。
Posted by ネットワークビジネスマン at 2010年10月20日 01:18
商品紹介の「ネットワークビジネス」で脱税1億 会社社長を告発 東京国税局
2013.11.1 13:18
 商品を他者に紹介するなどして報酬を得られる「ネットワークビジネス」による所得を申告せず、約1億円を脱税したとして東京国税局が所得税法違反罪で、広告関連会社(東京都世田谷区)の玉井暁(あきら)社長(45)を東京地検に刑事告発していたことが1日、関係者への取材で分かった。玉井社長は経営する会社とは別に、米国に本社を置くジュースなどの健康食品製造・販売会社の日本法人会員として登録。会員でトップの売り上げだったという。

 関係者によると、玉井社長は平成22〜24年、売り上げに応じて同社から支払われた報奨金など約2億9千万円を一切申告せず、所得税約1億円を脱税した疑いが持たれている。隠した所得は高級外車の購入費や海外旅行代などに充てていた。玉井社長は、弁護人を通じ「指摘を真摯(しんし)に受け止め、修正申告を済ませた。税務に関する知識不足が招いたことであり、今後は適正な納税に努める」とコメントした。

 同社によると、会員が販売するのはジュースや栄養食品など。製品の購入額と売却額の差額が会員の利益となるほか、自らが勧誘した会員で構成される「チーム」の販売実績に応じ報奨金が支払われる。売り上げによって会員はランク分けされ、上位ランクの会員にはボーナスも付与される。

 関係者によると、玉井社長は平成20年12月ごろ、同社に会員登録。1年に数百回のセミナーを開催、会員数を増やしてきた。同社の担当者は「玉井氏から税務申告の問題に関する報告は受けたが詳細を把握しておらず、社員でもないため、コメントは控える」と話している。
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/131101/crm13110113190005-n1.htm
産経新聞


健康飲料マルチ商法  「アサイー」収入脱税容疑
2013年11月1日 夕刊
 「アサイージュース」などを販売するネットワークビジネスで得た所得を隠し、三年間で約一億円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反容疑で、健康食品販売会社の玉井暁(あきら)会員(45)=東京都世田谷区=を東京地検に告発していたことが分かった。

 玉井会員はアサイージュースなどの健康食品を販売する「モナヴィージャパン」(東京)に二〇〇九年から会員登録。関係者によると、希望小売価格四本セット約一万七千円のジュース(七百五十ミリリットル)の販売利益や成果報酬などの収入を得ていたが、一二年までの三年間の個人所得計二億八千万円を全く申告せず所得税約一億円を免れていたとされる。

 ネットワークビジネスはマルチ商法の一つで、個人を販売員として勧誘し、さらに次の販売員を勧誘させてピラミッド型で販売網を拡大、上位会員ほど報酬が多く入る仕組み。玉井会員は国内モナヴィーで最上位だった。

 モナヴィージャパンは「玉井氏から今週、税務調査を受けているとの報告があり、詳しい情報を把握して対応する。会員には随時セミナーや会報誌などで、法にのっとって納税するよう指導している」とコメントしている。

    ◇

 玉井会員は「税務に関する知識不足が招いたことで、今後は適正な納税に努める」などとするコメントを出した。既に修正申告したという。

 <アサイー> ブラジル・アマゾン原産のヤシ科植物。実はブルーベリーに似ている。食べられる部分は全体の5%ほどしかないが、ポリフェノールやビタミン、鉄分などが豊富で「スーパーフルーツ」とも呼ばれる。ダイエットや美肌効果に期待する女性などの間で、ジュースやシリアルや牛乳とともに食べる「アサイーボウル」が数年前から流行している。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2013110102000230.html
東京新聞


ネットワーク販売で1億円脱税=トップ会員告発?東京国税局
2013年 11月 01日 12:02 JST 更新
 健康食品会社「モナヴィージャパン」(東京都港区)の会員としてつくった販売ネットワークで得た収入を申告せず、所得税約1億円を脱税したとして、広告代理店の玉井暁代表(45)=世田谷区=が、所得税法違反容疑で東京国税局から東京地検に告発されていたことが1日、分かった。

 玉井代表は「指摘された内容を真摯(しんし)に受け止め、既に修正申告を済ませた」とコメント。モナヴィー社は「情報収集中で、コメントは差し控える」と話した。

 関係者によると、玉井代表は同社からの報酬や顧客に商品を売った際の代金を自分名義の銀行口座に振り込ませていたが、2012年までの3年間の収入約2億8000万円を全く申告せず、所得税約1億円を脱税した疑いが持たれている。隠した収入は生活費や高級外車の購入費などに充てていたという。

 モナヴィー社や関係者によると、同社は05年に米国で設立された業者の日本拠点で、果物ジュースなどを販売している。ジュースの希望小売価格は4本セットで約1万7000円。会員は顧客への売却益のほか、知人らを勧誘して傘下に会員グループをつくり、そこでの販売実績などに応じて同社から報酬を得る。こうした販売方法は「ネットワークビジネス」と呼ばれる。

 玉井代表は09年ごろに会員となった。傘下には約7万人の会員がいるとみられ、日本ではトップクラス。同社の会員数や売上高は非公開という。
[時事通信社]
http://jp.wsj.com/article/JJ11259162320726313385518194005883907582008.html
ウォールストリートジャーナル


マルチ商法の報酬 脱税容疑で告発
11月1日 12時10分
会員を連鎖的に増やして商品を販売する、いわゆる「マルチ商法」で多額の報酬を得ていた東京の会社経営者が、報酬を一切申告せず、2億8000万円余りの所得を隠していたとして、東京国税局から脱税の疑いで告発されました。

告発されたのは、東京・世田谷区の広告代理店経営で健康食品販売会社の玉井暁会員(45)です。
この会社はアメリカに本社があり、会員に知人を勧誘させることで会員を連鎖的に増やして商品を販売する、いわゆる「マルチ商法」の形式でアサイベリーという果物のジュースなどを販売しています。
会員は勧誘した会員の数に応じて報酬が得られる仕組みで、玉井会員は多額の報酬を得て大金持ちになったとして、業界の雑誌で紹介されていました。
関係者によりますと、玉井会員は、報酬で外国の高級車を購入したり、たびたび海外旅行をしたりしていましたが、税務署には一切申告していなかったということです。
隠した所得は去年までの3年間に2億8000万円余りに上るということで、東京国税局は、およそ1億円を脱税したとして、所得税法違反の疑いで東京地方検察庁に告発しました。
玉井会員は、「国税局からの指摘を真摯(しんし)に受け止め、今後は適正な納税に努めます」と話しています。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131101/k10015734781000.html
NHK


“1億円脱税”人気のアサイージュースなどの販売で(11/01 11:54)
人気のフルーツ「アサイー」を使ったジュースなどを販売するネットワークビジネスで報酬を得ていた男性が、所得税約1億円を脱税したとして刑事告発されました。

 東京地検に告発されたのは、東京・世田谷区の玉井暁氏(45)です。玉井氏はアサイージュースなどを販売するネットワークビジネスに2008年から登録し、自らセミナーを開催して、「働かないで金を得る方法がある」などと勧誘して会員を増やし、報酬を得ていました。玉井氏は、去年までの3年間で、2億8000万円ほどの所得を全く申告せず、約1億円を脱税した疑いが持たれています。取材に対して、玉井氏は「すでに修正申告を済ませた」としています。脱税した金は、高級外車の購入などに充てていたということです。
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015236.html
テレビ朝日


国税局が1億円脱税容疑で告発 健康飲料ビジネスの収入
 健康飲料のネットワークビジネスで得た収入を申告せず約1億円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反の疑いで、健康飲料販売会社の玉井暁会員(45)=東京都世田谷区駒沢=を東京地検に告発していたことが1日、分かった。

 ネットワークビジネスは、商品を購入した会員がさらに新たな会員を勧誘して、商品を販売するごとに収入が増えていくシステム。

 関係者によると玉井会員は、ブラジル原産のヤシの一種、アサイーなどが原料のドリンク販売を手がける会社(東京都港区)の会員として得た収入を一切申告しなかった。

2013/11/01 11:45 【共同通信】
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000015236.html
共同通信


ジュース販売員、1億円脱税で告発される
日テレNEWS24 - ?2013年11月1日?
 フルーツジュースを販売する会社の販売員が、約1億円を脱税したとして東京国税局から告発されていたことがわかった。

 所得税法違反の疑いで告発されたのは、東京・世田谷区の玉井暁販売員(45)。玉井販売員は、栄養価が高いとされるフルーツを使ったジュースを「ネットワークビジネス」と呼ばれる手法で販売する東京都内の会社の販売員で、会社のホームページでは実績がトップクラスだとして紹介されていた。

 関係者によると、玉井販売員は、会社から、去年までの3年間で約2億8000万円の報酬を得ていたが、全く申告せず、所得税約1億円を脱税した疑いがもたれている。

 玉井販売員は日本テレビの取材に対し、「国税局からの指摘を真摯(しんし)に受け止め修正申告をすませた」とコメントしている。
http://www.news24.jp/articles/2013/11/01/07239511.html
http://news24.jp/nnn/news89068852.html
日本テレビ
Posted by ニュースまとめ at 2013年11月03日 22:57
「マルチのカリスマ」ジュース販売で1億円脱税
読売新聞 2013年11月01日14時36分
 マルチ商法の米国企業「モナヴィー」会員のカリスマ販売員が、同社のジュース販売で得た所得を一切申告せず、約1億円を脱税したとして、所得税法違反容疑で東京国税局から東京地検に告発されていたことがわかった。

 同社の約10万人とも言われる国内会員の中でトップの販売実績を誇り、業界誌でも繰り返し紹介されていた。既に申告し、納付も済ませたという。

 告発されたのは東京都世田谷区の玉井暁(あきら)氏(45)。関係者によると、2008年頃、モナヴィーの会員となり、ブラジル原産のヤシの一種「アサイー」を使ったジュースの販売を開始。10年から12年にかけ、モナヴィーから得た報酬などの所得約2億8000万円を全く申告せず、脱税した疑いが持たれている。
http://news.livedoor.com/topics/detail/8213529/
(2013年11月1日14時36分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20131101-OYT1T00653.htm
読売新聞


ネットワーク販売で1億円脱税=トップ会員告発−東京国税局
 健康食品会社「モナヴィージャパン」(東京都港区)の会員としてつくった販売ネットワークで得た収入を申告せず、所得税約1億円を脱税したとして、広告代理店の玉井暁代表(45)=世田谷区=が、所得税法違反容疑で東京国税局から東京地検に告発されていたことが1日、分かった。
 玉井代表は「指摘された内容を真摯(しんし)に受け止め、既に修正申告を済ませた」とコメント。モナヴィー社は「情報収集中で、コメントは差し控える」と話した。
 関係者によると、玉井代表は同社からの報酬や顧客に商品を売った際の代金を自分名義の銀行口座に振り込ませていたが、2012年までの3年間の収入約2億8000万円を全く申告せず、所得税約1億円を脱税した疑いが持たれている。隠した収入は生活費や高級外車の購入費などに充てていたという。
 モナヴィー社や関係者によると、同社は05年に米国で設立された業者の日本拠点で、果物ジュースなどを販売している。ジュースの希望小売価格は4本セットで約1万7000円。会員は顧客への売却益のほか、知人らを勧誘して傘下に会員グループをつくり、そこでの販売実績などに応じて同社から報酬を得る。こうした販売方法は「ネットワークビジネス」と呼ばれる。
 玉井代表は09年ごろに会員となった。傘下には約7万人の会員がいるとみられ、日本ではトップクラス。同社の会員数や売上高は非公開という。(2013/11/01-11:34)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013110100380
時事通信


国税局が1億円脱税容疑で告発
2013年 11月 1日 11:43 JST
 健康飲料のネットワークビジネスで得た収入を申告せず約1億円を脱税したとして、東京国税局が所得税法違反の疑いで、健康飲料販売会社の玉井暁会員(45)=東京都世田谷区駒沢=を東京地検に告発していたことが1日、分かった。

 ネットワークビジネスは、商品を購入した会員がさらに新たな会員を勧誘して、商品を販売するごとに収入が増えていくシステム。

 関係者によると玉井会員は、ブラジル原産のヤシの一種、アサイーなどが原料のドリンク販売を手がける会社(東京都港区)の会員として得た収入を一切申告しなかった。
【共同通信】
http://jp.reuters.com/article/kyodoNationalNews/idJP2013110101001720
ロイター


マルチ商法の儲け、1億円脱税の疑い 国税が会員を告発
2013年11月1日22時26分
【村上潤治】ブラジル原産の果実・アサイベリーを使った健康飲料などを会員に販売するなどして得た所得約2億8千万円を申告せずに約1億円を脱税したとして、東京国税局が、米国企業「モナヴィー」の日本法人「モナヴィージャパン」会員、玉井暁(あきら)・広告会社社長(45)=東京都世田谷区=を所得税法違反の疑いで東京地検に告発したことがわかった。

 関係者によると、モナヴィー社はネットワークビジネスと呼ばれるマルチ商法を展開。玉井社長はモナヴィージャパン(東京都港区)では国内最高位の会員という。すでに申告して納税し、朝日新聞の取材に「税務に関する知識不足が招いたことで、今後は適正な納税に努める」と弁護士を通じて答えた。

 告発容疑の対象となったのは、玉井社長がモナヴィー社の商品を販売して得た2012年までの3年分の所得。脱税した金は預金のほか、高級外車の購入資金や生活費にあてたとされる。

 モナヴィージャパンは「玉井会員から国税局の調査を受けていると報告を受けたが、詳細は把握しておらず、コメントは控える」としている。
http://www.asahi.com/articles/TKY201311010080.html
朝日新聞


健康食品ビジネス「カリスマ会員」、およそ1億円の脱税で告発
健康食品のネットワークビジネスを副業としている男が、報酬として得た2億8,000万円余りを申告せずに脱税したとして、東京国税局から刑事告発された。
所得税法違反の疑いで告発されたのは、東京・世田谷区の広告会社に勤務する、玉井 暁役員(45)。
玉井役員は、副業として、健康食品のネットワークビジネスに参加し、自らも会員となっているが、ほかの会員に健康食品を転売するなどして、報酬を得ていたという。
関係者によると、玉井役員は、この報酬を一切申告せず、3年間で2億8,000万円余りの所得を隠し、およそ1億円を脱税したという。
玉井役員は、カリスマ会員として知られ、取材に対して「税務に関する知識不足が招いたことで、すでに申告を済ませた」としている。
(11/01 12:56)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00257017.html
FNNニュース


脱税:健康飲料ビジネスで1億円、社長を告発 東京国税局
毎日新聞 2013年11月01日 12時01分
 セミナーなどを通じて会員を募り健康飲料を販売するネットワークビジネスで得た所得を申告せず、約1億円を脱税したとして、東京国税局が東京都世田谷区の会社社長を所得税法違反容疑で東京地検に告発していたことが1日、分かった。

 関係者によると、告発されたのはインターネットサービス会社を経営する玉井暁(あきら)社長(45)。玉井社長は19種類のフルーツをブレンドしたジュースなどを販売する会社「モナヴィージャパン」(東京都港区)に会員登録し、同社から多額の報酬を得ていたにもかかわらず、2012年までの3年間に2億8000万円余の所得を申告せず、所得税を免れた疑いが持たれている。

 モナヴィージャパンによると、会員になると健康飲料などの製品を会員価格で購入でき、身近な人に紹介して流通させたり、会員登録を勧めたりする活動の成果に応じて報酬を得られる。玉井社長は自分の会社の事業とは別に、年間約500回ものセミナーを開いて会員を集め、トップクラスの報酬を得ていたという。

 玉井社長は毎日新聞の取材に対し、弁護士を通じて「国税局から指摘された内容を真摯(しんし)に受け止め、既に申告を済ませた。税務に関する知識不足が招いたことであり、今後は適正な納税に努める」とコメント。不正に得た資金は、車の購入費や生活費に充てたという。【太田誠一】
http://mainichi.jp/select/news/20131101k0000e040227000c.html
毎日新聞
Posted by ニュースまとめ at 2013年11月03日 22:58
元事務長、医師免許ないのに看護師に注射させる
2014年10月21日 12時47分
 岐阜県羽島市の健康食品販売会社「高陽社」の系列ホテル内にあった診療所で、医師の指示がないのに看護師に注射をさせた疑いが強まったとして、県警は21日、診療所の元事務長の男(51)を医師法違反(無資格医業)容疑で逮捕し、同社や関連施設の捜索を始めた。
 診療所の元代表の男(48)も関与したとみられ、同容疑で逮捕する方針。
 捜査関係者によると、元代表らは、羽島市内にある同社の会員専用ホテル内に開設した「陽光クリニック」で昨年、医師免許がないのに、看護師に患者への注射を行わせた疑いが持たれている。クリニックには医師がいたが、2人は医師不在の時に注射を指示していたという。クリニックは昨年秋に閉鎖された。

 高陽社は、海洋深層水や薬用入浴剤などを「マルチ商法」と呼ばれる勧誘形式で販売。今年9月、販売員が「岐阜県の温泉ホテルに行けば病院もあり、病気も治る」と違法な勧誘を行ったなどとして、四国経済産業局から是正するよう、特定商取引法に基づく行政処分を受けている。
http://www.yomiuri.co.jp/national/20141021-OYT1T50065.html



無資格で注射指示 羽島の診療所元事務長逮捕
2014年10月21日 16時16分

 岐阜県羽島市の「ホテルKOYO別館」にあった診療所「陽光クリニック」の幹部らが医師ではないのに看護師に医療行為を指示したとされる事件で、県警は21日、医師法違反(無資格医業)の疑いで、元事務長の岐阜市今嶺、高橋雅樹容疑者(51)を逮捕した。津市に住む元代表の男(48)の逮捕状も取っており、近く逮捕する。捜査関係者が明らかにした。

 県警は同日朝、高橋容疑者と元代表の自宅やホテルKOYO別館、このホテルを運営していた羽島市の健康商品販売業者「高陽社」の本社などを家宅捜索した。

 捜査関係者によると、高橋容疑者らは医師の資格がないのに昨年5〜7月、免疫力が高まるという名目の薬剤を患者に注射するよう看護師らに指示していた疑いが持たれている。薬剤はがん治療に効果があるとうたいながら、実際には、厚生労働省が承認していない薬剤もあったという。

 医師法では、看護師が医師を補助する注射は認められているが、医師の資格のない人の指示は禁じられ、看護師が医師の指示なく注射することはできない。

 患者のほとんどが高齢者で、がんを患っていた人もいた。保険が適用されない自由診療のため、一連の診療で、患者から数10万〜百数十万円を受け取っていたとみられる。

 捜査関係者などによると、陽光クリニックは昨年5月に開設され、わずか4カ月後の9月に閉鎖された。利用者の大半は地元の住民ではなく、高陽社の海洋深層水など健康商品を購入して講習会などのために他県から集まった客だった。

 医療法に基づく岐阜県への届け出では、名義上の開設者は横浜市の男性医師で、週1回程度、この診療所に通っていたという。ただ、実際の経営は高陽社と取締役が3人重なる医療系コンサルティング会社「陽光メディカル」が行っており、県警はこの両社が医師法違反に関与していたか慎重に調べる。陽光クリニックの元代表は、陽光メディカルの社長も務めていた。

 県岐阜保健所は、昨年8月に陽光クリニックを定期検査したが、異常は確認されなかったとしている。

(中日新聞)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014102190161643.html



無資格医業:診療日の半分は医師不在 そのまま診療
毎日新聞 2014年10月21日 21時58分

 岐阜県羽島市の診療所による無資格診療事件で、診療所には複数の医師が在籍していたのに、診療日の半分は医師不在のまま診療行為が行われていたことが、県警生活環境課の調べで分かった。県警は21日夜、診療所「陽光クリニック」を運営する「陽光メディカル」社長、仲嶋淑人容疑者(48)=津市高洲町=を医師法違反(無資格医業)容疑で逮捕し、この事件での逮捕者は2人となった。

 容疑は、クリニックの元事務長、高橋雅樹容疑者(51)=岐阜市今嶺1、同容疑で逮捕=と共謀して昨年7月ごろ、医師資格がないにもかかわらず、愛知県の男性患者(62)や兵庫県の女性患者(85)らに肝機能障害の治療薬などを注射するよう、看護師に指示したなどとしている。

 仲嶋容疑者は「医師の指示に従った」、高橋容疑者は「医者がいない日にクリニックを開いたが、注射については分からない」と否認しているという。

 県警によると、同クリニックは系列の健康関連商品販売「高陽社」が経営するホテルのビル内で昨年5月に開業し、患者800?900人が受診していた。横浜市の管理医師(48)ら医師数人が在籍していたが、同9月に閉鎖するまでの診察日約90日のうち、ほぼ半分は医師不在だった。厚生労働省が承認していない医薬品を「がんなど万病に効く」と説明し、患者に投与していた疑いもあるという。

 医師法は、看護師が注射する場合、医師の指示が必要と定めている。診療所で治療を受けた後に死亡した患者の遺族から相談を受け、県警が捜査を進めていた。

 高陽社は毎日新聞の取材に対し「陽光メディカルとはテナントの貸し借りの関係があるだけだ」と話した。【梶原遊、野村阿悠子】

http://mainichi.jp/select/news/20141022k0000m040124000c.html


無資格で注射指示した疑い、診療所元事務長を逮捕 岐阜
2014年10月21日12時52分
 がん治療に効果があるとして、医師免許がないのに未承認薬などを患者に注射するよう看護師らに指示していたとして、岐阜県警は21日午前、同県羽島市のホテル内にあった診療所「陽光クリニック」元事務長の男(51)=岐阜市=を医師法違反(無資格医業)の疑いで逮捕した。同診療所の元代表の男(48)=津市=も逮捕する方針。

 県警は診療所が入居していたホテルを運営する「高陽社」(羽島市)を21日、関係先として家宅捜索した。同社は健康食品や水などを対面販売し、全国に多数の会員がいるとされる。

 捜査関係者によると、元代表と元事務長はいずれも医師ではないにもかかわらず、がんの治療に効果があるとして、診療所の看護師らに昨年、免疫力を高めるとされる医薬品を注射するなどの指示をしていた疑い。使用していた薬品には厚生労働省が承認していないものもあったという。注射をした看護師らからも任意で事情を聴いている。医師法では、看護師が、医師の指示なく注射をすることは禁じられている。

 診療所は保険が適用されない自由診療で、昨年5月に開業し同9月に閉鎖した。この診療所で注射を受けた後、死亡した末期がん患者の遺族が県警に相談。県警が診療所のカルテを押収し、患者に話を聞くなどして捜査したところ、複数の患者が治療行為を受けていたことがわかったという。診療所はJR岐阜羽島駅近くの高陽社会員向けホテルの2階にあった。

 インターネット上にも同診療所のがん治療の有効性などについて書き込みがあった。同診療所を紹介するホームページなどはすでに削除されている。
http://digital.asahi.com/articles/ASGBP3QFCGBPOIPE009.html?iref=comkiji_txt_end_s_kjid_ASGBP3QFCGBPOIPE009


無資格で注射指示、容疑の元事務長逮捕
(岐阜県)
 21日、岐阜県羽島市のホテル内にあった診療所で医師の資格がないのに患者への薬剤の注射を看護師らに指示していたとして、岐阜県警は診療所の元事務長の男を医師法違反の疑いで逮捕した。このほか、診療所の元代表の男も同日中には逮捕する方針。逮捕されたのは、岐阜市に住む羽島市福寿町にあった診療所の元事務長の男(51)。県警によると、この診療所「陽光クリニック」は羽島市に本社がある健康商品販売会社「高陽社」が運営するホテルの2階に去年9月まで開設されていて、元事務長の男は去年5月から7月にかけて、医師の資格がないのに看護師らに患者への注射を指示していた疑い。県警は診療所の元代表で津市に住む男(48)も同じ容疑で21日にも逮捕する方針で、同日朝から元診療所や「高陽社」本社などを家宅捜索して調べている。
[ 10/21 12:52 中京テレビ]
http://www.news24.jp/nnn/news86221622.html


診療所元事務長 無資格で患者への注射指示
2014年10月21日 17:44

 岐阜県羽島市の診療所で去年、医師の資格がないのに看護師らに患者への注射をさせたとして、警察は21日、診療所の元事務長の男を逮捕した。

 医師法違反の疑いで逮捕されたのは、羽島市の診療所「陽光クリニック」の元事務長・高橋雅樹容疑者(51)。警察の調べによると、高橋容疑者は去年7月頃、医師の資格がないのに看護師らに患者2人への注射を指示し、注射をさせた疑いがもたれている。

 調べに対し、高橋容疑者は「医者がいない日に診療所を開いていたのは間違いないが、注射行為については分かりません」と容疑を否認しているという。

 この診療所は去年5月、健康商品販売会社の「高陽社」が運営するホテルの2階に開設されたが、4か月後に閉鎖された。去年9月に診療所に通っていたがん患者の家族から警察に「この治療で効果があるのか」という相談があり、警察が捜査に着手した。

 警察は、診療所の元代表で三重県津市に住む男(48)も逮捕する方針。
http://news24.jp/articles/2014/10/21/07261825.html


医師資格無い男が注射指示で逮捕
2014年10月21日(火) 17時56分
 医師の資格がないのに、患者に注射するよう看護師に指示したとして、岐阜県警は、羽島市にあった診療所の元事務長の男を医師法違反の疑いで、逮捕しました。

 逮捕されたのは、羽島市のホテル内にあった診療所「陽光クリニック」の51歳の元事務長の男です。

 診療所は、市内の健康食品販売会社「高陽社」が経営していて、元事務長は、診療所に勤務していた去年5月から7月にかけて、医師の資格がないにも関わらず、看護師に指示をして、患者に注射をさせた疑いがもたれています。

 元事務長が注射を指示した薬剤は、ガンに効くとうたい、国が承認していないものもあったということです。

 岐阜県警は、診療所で注射を受けた後に死亡した患者の遺族から相談を受け、捜査を進めていました。

 なお、岐阜県警は、診療所の元代表の男も容疑が固まり次第、逮捕する方針です。
(21日12:03)
https://hicbc.com/news/detail.asp?cl=c&id=0003B1D3
Posted by マルチ商法の「高陽社」 at 2014年10月22日 00:11
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
重力子(グラビトン) by kirisuto  (11/23)
重力子(グラビトン) by aj (10/28)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 助けてください (07/31)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。