2007年06月13日

ダイオードの光で痩身

 先日の『ビューティーワールド・ジャパン2007』で、リポライト(Lipo Light)という器具が出ていた。
 これは発光ダイオード(LED)の赤色光が、しわのリフティングに有効だとか、痩身に効果あるとか、実際の効果の程は眉をベトベトにして聞きたい内容の代物だ。

 この手の装置を販売する企業は複数あったが、その中の1社が、根拠として『米国形成学会』の論文をプリントアウトし、ブースの一角に貼り付けていた。
 ざっと飛ばし読みしたところ、「低出力レーザーでの『出力vs照射時間』による脂肪細胞に増減があるかを実験したところ、脂肪が溶けて体外に排出されるのが確認された」という内容だ。

   美容・健康ニュース『アンテナ / ダイエットプログラム「リポックス痩身」の販売をエステサロンに向けて開始』2007年5月25日
     http://www.e-expo.net/news/2007/05/20070525_03.html
===引用開始===
(前略)特定波長と強さの分光型ダイオード光機器「Reduction」が脂肪溶解を行い、次いで健康食品5種の摂取によって脂肪の代謝を行い、パラディックスMA変調波機器「LIV」によって脂肪を燃焼・排泄するというもの。

 「Reduction」は、特定波長と出力の分光型ダイオード光が脂肪を99%溶解させるという米国形成学会の論文に基づき開発された。そのメカニズムは、分光型ダイオード光の放射により脂肪細胞を包む細胞膜である“リン脂質”の電子バランスを乱すことで細胞膜に無数の穴が開いた状態になり、遊離脂肪酸を放出させるというもの。
===ここまで===

 『米国形成学会』がどういう謂れのある学会か前知識がなかったので、その時はこの論文の信憑性は保留としておいた。
 最近になり、この論文の事を思い出したので、ちょいと調べてみた。

Neira Rodrigo, Arroyave Jose, Ramirez H, et al. “Fat Liquefaction: Effect of Low-Level Laser Energy on Adipose Tissue.” Plastic and Reconstructive Surgery, 2002 Sep 1; 110 (3): 912-22; discussion 923-5.
     http://1.usa.gov/1jAxwD7
     http://bit.ly/1jAxGKt  

 「635nm、10mVの低出力レーザー(『Low-Level Laser Energy』の訳として妥当かどうか不明)を、12名の健康な女性から採取した細胞サンプルに照射(2分、4分、6分)し、TEMとSEMで観察したところ、6分の照射で脂肪細胞の99%が潰れ、脂肪を排出しているのが確認できた」

 この論文の概要をさらにまとめると、このような感じか。
 ……分光型ダイオード光と、Low-Level Laser Energyって、まったく別物のような気がするのだけど、どうなのだろうね?

 概要を読んだ程度では、俺程度の知識では、実験が目的に沿う内容だったのかどうかは判断できない。
 ……だが。
 この論文は試験管実験(in vitro)の結果だ。
 「This study examined whether 635-nm low-level lasers had an effect on adipose tissue in vivo and the procedural implementation of lipoplasty/ liposuction techniques.(635nm、低出力レーザーがin vivoでも効果があるか、試験した)」
 とあったから、思わず臨床試験の結果かと誤解しかけた。

 知っての通り、ヒトの身体には『皮膚』というバリアーがある。かなり丈夫な代物だ。
 レーザー光が皮膚を通過して、脂肪細胞にまで到達するとは、素人考えでは「とてもでないけれど、無理な話だろ」な話だ。
 ……少なくても、数分間皮膚に当てても外傷のできない程度の出力では、な。

 つまり、生きた人体に使っても効果はないだろう、と俺なりの予想は働く。
 ……実際どうなのかは知らない。

 2002年の論文発表の後、このグループが臨床試験をしたのかどうかは不明だ。
 調べた限りでは、試験管実験以上の進歩はなさそうだ。

Neira R, Toledo L, Arroyave J, et al. “Low-Level Laser-Assisted Liposuction: the Neira 4L Technique.” Plastic and Reconstructive Surgery, 2006 Jan.; 33 (1): 117-27, vii;
     http://1.usa.gov/1qGY1AA

 この概要によると、相変わらず試験管試験(in vitro)で効果が確認されている、としかない。
 他の試験はしていないか、肯定的な結果は出ていないようだ。

 代わりに別のグループが追試を行っているが、こちらは否定的な結果を出している。

Brown SA, Rohrich RJ, Kenkel J, et al. “Effect of low-level laser therapy on abdominal adipocytes before lipoplasty procedures.” Plastics and Reconstructive Surgery; 2004 May; 113 (6): 1796-804; discussion 1805-6.
     http://1.usa.gov/1jAxVFr

 この論文では、低出力のレーザーを正常ヒト白色脂肪前駆細胞(preadipocytes)に照射したところ、コントロールとの違いはなかったとある。他にも何種類かの方法で確認試験を試みているが、いずれも脂肪細胞から脂肪が溶け出すという現象は確認できなかったと報告している。

Medrado AP, Trindade E, Reis SR, Andrade ZA. “Action of Low-Laser Therapy on Living Fatty Tissue of Rats.” Lasers in Medical Science; 2006 Apr. 21 (1): 19-23. Epub 2006 Mar. 25.
     http://1.usa.gov/1jAxYBj

 こちらではラットにレーザー光を当て、脂肪細胞に影響が出ているかどうかの解剖を行っている。
 それによると、だ。
 「変化は褐色脂肪組織に限られ、複数の液胞を持つ型(multivascular)から液胞が一つの型(univascular)に変わっている。レーザーの照射時間の長いものほど、液胞の大型化・単一化は顕著だった」
 「低出力レーザーは、褐色脂肪組織の合体と融合の原因となる。さらに、細胞外基質の毛細血管の拡散と充血を促進している」

 Wikipediaによると褐色脂肪細胞とは、ヒトの幼児や一部の動物の熱生産のための脂肪組織で、主に首の周りと胸郭の血管に位置するものだ。
 成人とは無縁の組織なのか。
 ……そもそも成人にこの組織はあるのか? アンテナが低いだけかもしれないが、聞いたことがない。

 さてさて。
 冒頭でも述べたが、この研究の成果は、展示会で偉そうに説明されていたものだ。
 しかし試験管実験で再現性が証明されず、ラットを用いた動物実験でも褐色脂肪組織にしか変化が出ていない。
 ……果たしてこの研究は、「所詮この程度のもの」だったのか、「まだこの程度しか進んでいない」のか、どちらだろうね?

 と、真面目(?)に書いてきたが、一点見落としていた。
 分光型ダイオードで本当に脂肪を溶解・排出できるのなら、肥満やメタボリック・シンドロームに悩む先進国の医療機関が、とうに取り上げている。

 そのような動きは、少なくとも俺の知る限り皆無だ。
 ……ま、そういう代物だ。


◎参考
Wikipedia『細胞』
     http://bit.ly/1jAyaAz
Wikipedia『脂肪組織』
     http://bit.ly/1qGYiU4
Wikipedia『皮膚』
     http://bit.ly/1qGYkeI
Wikipedia『ダイオード』
     http://bit.ly/ZrHeVc
有限会社アンテナHP
     http://www.lipolight.net/
posted by にわか旅人 at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めまして。当方、ブログサイトを運営しております石川と申します。

本日はその情報内容の濃さを拝見し、ぜひ相互リンクを
お願いしたくご連絡いたしました。

勝手ではございますが、すでに貴殿のサイトをリンクさせて頂きました。
お時間がある時にでもご確認いただければ幸いです
●当方がリンクを掲載したURL:
http://www.headphones4free.com/2012/01/1.html

(説明文は付しておりませんが、不都合があればお申し出下さい。)

------------↓-----------------↓----------------

もし宜しければ当サイトと相互リンクをお願いできないでしょうか?
ご連絡をいただいた場合には、当方からのリンクもそのままとさせて頂きます。


●当サイト概要を参考までに明記しておきます。
サイト名:世界の片隅から愛を込めて
リンク先:http://www.headphones4free.com/

紹介文:不要でございます。(必要な場合はタイトル名と同じでかまいません)


念のためソースを記載させていただきます。
<a href="http://www.headphones4free.com/" target="_blank">世界の片隅から愛を込めて</a>

以上、唐突なお願いではございますが、ご検討いただければ幸いです。

-----------------------------------------------
石川
-----------------------------------------------



Posted by 石川 加奈美 at 2012年06月06日 16:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
重力子(グラビトン) by aj (10/28)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 助けてください (07/31)
重力子(グラビトン) by a (04/19)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。