2007年03月24日

2007年初の献血

 今年初の献血に行ってきた。
 昨年末にも一度行ってきたのだが、その時はALT値が高いという理由で、献血できなかった。とりあえず今回は無事にパス。

 受付の人が漏らしたところによると、色々と献血に際しての規制が加わったせいで、血を集めるのに苦戦しているそうだ。
 ……そういや、先日もこんな記事が出ていたな。

  毎日新聞『献血:初の500万人割れ 若者離れ加速』2007年3月10日
     http://bit.ly/1qH3zuQ
===全文掲載===
 1年間の献血者数(延べ人数)が昨年、初めて500万人を下回ったことが厚生労働省の調べでわかった。少子化などで若者による献血が減少する一方、安全対策の強化で献血対象者を一部制限していることも影響。このままでは、将来、必要な献血量が確保できなくなる恐れもある。厚労省と日本赤十字社は、献血可能な年齢(16歳以上)に達していない小学生から献血への関心を高める取り組みをするなど、献血者の確保に躍起になっている。
 厚労省によると、献血者数は漸減傾向にあり、昨年は約498万8000人(速報値)と、前年の約532万人を大幅に下回った。特に減少が著しいのが10〜20代の若年層。20代は94年に206万7500人で、献血が最も多い世代だったが、昨年は119万人となり、30代の136万人を下回った。10代も94年には96万2500人だったが、昨年は38万人まで落ち込んだ。少子化に加え、寝不足や食生活の偏りが目立つ高校生の健康を心配し、集団献血に消極的な学校が少なくないことが背景にあるという。
 安全対策の強化も結果的に減少の要因となっている。変異型クロイツフェルト・ヤコブ病を巡り、日本人初の感染者の渡航歴をもとに80〜96年の間、英国に1日以上滞在していた人の献血制限を05年6月から実施。この制限の影響で1年間に献血者が推定約14万人も減少したとみている。
 厚労省は減少傾向を食い止めるため、05年度から将来の献血を支える「献血構造改革」を開始。5年先をめどに▽10〜20代の献血者数を40%に増やす(05年度33%)▽集団献血協力企業の倍増(同2万4220社)▽年に複数回献血するリピーターを全体の35%まで増やす(同27.5%)−−目標を立てている。
===ここまで===

 ……俺みたいなおっさんでなく、10代20代の若い人がもっと献血してくれるといいのだけどねぇ。

 話を変える。
 最近の『献血カード』は、二つ折りの紙からカードに変更されている。
 過去データも参照できるようになっていて、以前「献血10回目だ〜」などと書いた内容が、実は11回目だったとか……。
 ……便利になったものだ。

 ところでカードの採用は、タッチパネル式の問診票を導入したのと同じだったっけ?

 日経新聞『タッチして問診票』2006年8月20日
===引用開始(記事原文の漢数字は英数字にしている)===
 献血に行くと、まずタッチパネルで問診票に記入。病歴や3日前までの投薬の有無、海外渡航先や時期など14項目の質問が次々と画面に現れ、「はい」「いいえ」などの選択肢を直接、指で触れる。
 日本赤十字社は今年から、問診票をタッチパネルで作成するシステムを全国約200カ所の血液センターや献血ルームに計230台導入した。
===ここまで===

 献血は趣味ではないので、2006年の献血は400mlを2回のみと、かなり控えめだ。
 実のところ、献血センターには昨年だけで3回か4回行っている。ところが一部の項目が基準値をオーバーしてしまい、2回に1回の確率で献血を拒否されてしまったのだな。
 ……健康診断では、内臓に異常はないので、原因は不明。この1年で一気に体重が増えたから、その影響か?

 俺の体調はさておき。
 1年間にできる献血の回数も、この数年でかなり制限されるようになってきた。
 前述の新聞記事にもあるように、英国に特定の年に滞在した人は献血できないし、海外から帰国後最低1ヶ月は献血できない、とある。
  東京都赤十字血液センター
     http://bit.ly/1qH3DL7

 俺が初めて献血した前世紀では、確か献血してから1ヵ月後には献血できたと記憶している。帰国後1ヶ月未満でも献血できた。
 ここ最近(多分2、3年での事)では、男の場合は12週間、女なら16週間、間を置かないと献血できなくなっている。これは200mlと400mlの献血の場合。
 血漿成分と小血小板の場合は、男女とも8週間の間を取らないとならない。
 ……これはつまり、献血できるのは年に3、4回しかないという訳で……リピートする人の足を遠のけさせていないか?

 エイズやらB型C型肝炎やら狂牛病やら、日本でのヒトの発病例はないけれど鳥インフルエンザだとか、色々と安全策の強化は必要だ。
 でも、それが理由で必要量の血液を集められないとしたら、本末転倒でないかい?
 ……じゃあ、安全基準の線をどこで引けば良いのか、となると答えはないのだけれどね。
posted by にわか旅人 at 14:49| Comment(2) | TrackBack(0) | 健康増進? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この記事を読んだ後に、献血に行きました♪(*´▽`*)ノ゛
「献血後のお願い〜献血当日のすごし方〜」
パンフBY.東京都赤十字血液センター には
「緊張感の強い場合やその日の体調によっては、採血に伴い
 気分が悪くなったりめまいがすることがあります。
 そのような場合はすぐに座るか、横になって下さい。」
と書かれていマス。

以前 私は献血センター内で 献血中に貧血になり、
途中で「ギブ」が言えないまま↓気づけば
看護士サンに別室へ運ばれたコトがありマス(´・ω・`)←恥。

その時は、もぅ献血するのやめようかと思いましたが…↓(T▽T)
今後とも 元気なトキは行きたいと思いマスw↑↑♪
とりあえず献血できる程度に★健康でいられるよぅ頑張りましょうw
Posted by BABY☆ at 2007年04月06日 20:04
BABY☆さん
遅くなりました。コメントありがとうございます。

献血ご苦労さまでした。
幸い私は献血時に貧血を起こした事はありません。貧血には気をつけてください。
これからも体調と相談して、無理のない献血をしてください。
Posted by にわか旅人 at 2007年04月09日 22:14
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
記事検索
 
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
重力子(グラビトン) by aj (10/28)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 助けてください (07/31)
重力子(グラビトン) by a (04/19)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。