2009年08月23日

ゼロ(零)磁場

 地殻変動による断層同士がぶつかり合う事で互いの磁気を打ち消し、磁気が低くなっている土地がある。そのような土地はエネルギーが低いと思われがちだが、ある特殊なエネルギーが形成・蓄積されている。
 古来より聖地、あるいは癒しの地として知られる場所がそれであり、有名な場所ではフランスのルルド、中国の蓮華山、日本なら長野県の分抗峠が該当する。それらの土地のエネルギーが蓄えられた水が、「奇蹟の水」「神秘の水」として知られるのは周知の通りである。
 この癒しのエネルギーを蓄えている土地を、磁気の低い(あるいは無い)事から『ゼロ磁場』と言う。


 「蓮華山やルルド地方に断層なんかあるのか?」というのが俺の疑問だったりする。
 しかし『ゼロ磁場』とそこの水の奇蹟的な効果を信じる信者は、疑問を抱いたりしない。
 ……カルトは教えを疑う事を禁じるようだし。

 本人が宗教だと理解して一人細々と信仰するなら放っておいても害はないが、市などの自治体がさも真実のように取り上げるのは問題だろ?

 長野県伊那市のHPより。
   『分杭峠(気場)』2007年4月27日
     http://www.inacity.jp/view.rbz?nd=95&of=1&ik=1&pnp=38&pnp=
76&pnp=95&cd=157

===引用開始(赤色強調は当方による)===
☆☆ ゼロ磁場(気場とは?) ☆☆

【断層断面図ゼロ零磁場(断層)の機能】

 分杭峠は中央構造線という大断層の上にあります。断層には地表面のズレとしての段差並びにゼロ零磁場があり、人間に例えると皮膚の経絡(けいらく)・経穴(つぼ)と同様に気の通る道並びに気の出口・入口であると考えることが出来ます
 断層の両側から押し合う力によって、断層には全般的にエネルギーの蓄積があり、また局部の突出部にはエネルギーのないゼロに近い場所(零場)もあり得ると推定出来ます。零は文字どおり「なにも無い、零」でありますが、(+)回転と(-)回転が一対になった素粒子状のスピン対(気)は零にならず、逆に零場に次第に蓄積される傾向があると判断できます
 断層付近には、放射線の強い場所や地磁気変化の著しい場所があります。実験によると、サイ(気)はラジウム等放射性物質原子の原子核内の不安定な中性子に直接働きかけて、y線などのエネルギーを放出して、より安定的なラドン等になる(ラジウム崩壊)性質があります。
 気は不安定な物質を安定化してバランスを取る性質があり、この崩壊の際のエネルギーを使って異常現象を起こしていると考えられています。ラドン温泉などとして知られる低線量放射線は、免疫の機能を高め、自然治癒力を増進させるもので、健康に良いと言われています
===ここまで===

 『ゼロ零磁場』と『サイ(気)』について説明しているらしいのだが、何度読み返しても意味不明だ。
 ……「考えることが出来ます」「推定出来ます」「判断できます」「考えられています」と、歯切れの悪い説明しかできない事は理解した。

 スピンに触れているから、つい『ゼロ零磁場』とは原子核のスピン(核磁気モーメント、核スピン)の事かと誤解しそうだが、「スピン対は零にならない」「対は零場に蓄積される」で意味が判らなくなる。
 と言うか、真面目に物理化学を勉強している人なら、鼻で笑う与太話だろ、これ。俺は笑えないが。
 ……「零場」なんて単語はないし、スピン対が「気」のはずもない。「蓄積」されるのはゴミデータとデータ取り(の準備)に費やす時間と、無駄になる紙の束ぐらいのものだ。

 更に意味不明なのが、「実験によると、サイ(気)は放射性元素の不安定な中性子に働きかける」の下りだ。

 どういう実験で「気」を確認したのか、と初歩的にツッコむならば、だ。
 「気」によって、半減期が短縮されたのを確認したと見るべきだろうな、うん。物理化学だけでなく、地質学や考古学あたりの年代測定に半減期を用いる学問にも影響が出るから、ぜひとも論文にまとめて提出してもらいたいものだ。
 ……放射線治療後にも使えるな。医療にも大貢献だ。こんなネットの一角で実験で確認したなんて言っている場合じゃないぞ。

 放射性元素の中性子は、不安定でも何でもない。
 原子核での陽子と中性子の比率が歪なために中性子が飛び出し、原子番号の低い元素になるという話であって、中性子が何か変なエネルギーを出して、陽子・中性子の数も変わらずに安定した元素なり同位体になる訳ではない。
 ……比率が歪というのも正確な表現でないので心苦しいところだ。

 「気は不安定な物質を安定化してバランスを取る性質があり、この崩壊の際のエネルギーを使って異常現象を起こしていると考えられています」というのも意味が判らない。
 ……意味が判らないと、何回言わせたいのだろう?

 不安定な物質を「安定」させているのに、どうして「崩壊」するのさ? 放射線のある温泉が健康に良いような話は時々耳にするけど、それが「気」の起こす「異常現象」なのか?
 ……「気」が異常の原因なら、健康に良いというのと矛盾するだろ?

 軽くツッコミを入れてみたものの、『ゼロ零磁場』『サイ(気)』とある時点で、似非科学なのは述べるまでもない。

 これがどこかの企業のHPならまだしも(それでもネタとしての需要はある)、市がHPに堂々と載せているのだから、伊那市が他にも変なものに手を出していないか、ちょっとどころではなく酷く心配になった。
 ……ざっと見た限り、EM菌入りの団子を川に投げ入れる活動や、「ありがとう」と声をかけて水質の改善を図るとか、波動転写器で分杭峠の「気」を転写した水を販売する、とかはしていないようだ。


 いや、甘かった。
 市が販売しているのではないのが幸い(?)、『ゼロ磁場の秘水』と名前で既に販売されている。
   零磁場ミネラル株式会社HP
     http://zerojiba.jp/

 この企業は波動転写器を使った水は販していないようだ。
 ……しかし「気」やら「スピリチュアル」やらの怪しい単語の数は、伊那市のHPの比ではない。

 勿論、波動信者が目を付けないはずがない。
   分杭峠(ぶんぐいとうげ)ゼロ磁場の情報サイト
     http://bungui.fineup.net/

 管轄(?)の市が「気」やら「ゼロ零磁場」なる似非科学をHPに載せているのは、似非科学・オカルト信者にどう映っているのだろう?
 「市がHPに掲載しているのだから、ゼロ磁場水と気と波動は科学的に正しいと認められたのだ」かな?


◎参考◎
 ゼロ磁場ショップ〜イヤシロチ〜
   http://www.honmono-ariake.com/
 NMR超基礎編
   http://www.chem-station.com/yukitopics/nmr-kiso.htm
 Wikipedia 『放射性物質』
   http://xurl.jp/1t1a
 Wikipedia 『同位体』
   http://xurl.jp/2t1a
posted by にわか旅人 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

オールイン被害弁護団結成

 2007年9月から2〜3回エントリを書いている投資詐欺の『株式会社オール・イン』が佳境に入った。
 ……佳境に入ったのは、正確には半月以上前の2009年7月20日に一斉捜索からだ。

   読売新聞『無登録FXで巨額資金、投資関連会社を捜索』2009年7月20日
   http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090720-OYT1T00307.htm?
from=nwlb
(リンク切れ)
===全文掲載(赤色は当方による)===
 札幌市の投資関連会社「オール・イン」が無登録で外国為替証拠金取引(FX取引)を行い、高配当をうたって総額100億円超の巨額資金を集めていたとされる問題で、道警は20日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、札幌市北区の同社本社など、同社関連施設を一斉捜索した。

 捜索を受けたのは、同社本社のほか、仙台市泉区の同社関連会社、札幌市中央区の同社社長の自宅など数か所に上った。

 捜査関係者などによると、同社は2007年夏頃から会員を募集。1口10万〜300万円の出資金を、海外の資産運用会社が指定した都内の銀行口座に入金し、インターネットを通じて自動的にFX取引ができる専用ソフトウエアで自宅などのパソコンから出資金を運用する仕組みで、全国約2万人の会員を集めていたという。

 FX取引を行うには金融庁の営業登録が必要。オール・インは営業登録がなく、FX取引については、海外の資産運用会社が独自に行っているなどと主張しているが、道警では、オール・インが会員にFX取引ができるソフトウエアを有償提供していたことについて、金融商品取引法で制限している投資助言などの行為に当たると判断した。

 同社では、運用実績について契約書などに月約20%の利息があるとしていたほか、会員募集の際には「毎月30〜40%の配当がある」など、高配当を約束して勧誘していたケースもあったという。

 しかし、昨年秋から会員への配当が遅れるようになり、解約しても出資金が返還されないトラブルも起きていることから、道警では出資金が適切に運用されていなかった可能性もあるとみており、今後は押収した資料の分析を進め、詐欺容疑などの適用も視野に捜査を進める方針。

 同社の広報部長は、FX取引について「金融庁に登録はしていなかった」と認めているが、違法性の認識については「自分の立場では話すことができない」としている。また、同社側が社長名で会員に配信したメールでは、FX取引は海外の資産運用会社が行っているとして、「(オール・インが)法律に抵触するような行為を行っていない」などと主張している
===ここまで===

 さて。
 「海外の資産運用会社が独自に行っている」という下りなのだが、俺の情報収集能力の低さもあって社名が見つからない。
 ネットで調べると、「Victory Run FXが自動売買を行っている」から「オールインの投資のプロが手ずから取引している」「運用などしていない。実績は捏造だろう」まで色々と話が錯綜している。
 ……投資など一切しておらず、会費を全て自転車操業に使っていたのだろう、というのが俺の推測。

 資産運用会社として、『アセットカンパニー』の名前を何度か見かけてはいる。ただしこの業者は、昨年のうちに登録を抹消されている。

   北海道新聞『FX無登録容疑のオール・イン 昨年6月に登録業者買収 信頼性高める狙いか』2009年7月23日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/178685.html
===全文掲載(赤色は当方による)===
 金融庁に無登録で外国為替証拠金取引(FX)に関与し、多額の資金を集めたとして金融商品取引法(金商法)違反(無登録営業)などの疑いで道警の家宅捜索を受けた「オール・イン」(森克彦社長)が昨年、正規のFX登録業者を買収していたことが22日、分かった。この業者は買収直後に金商法違反で登録を抹消されたが、登録業者の買収により「会員の信頼性を高める」(関係者)狙いがあったとみられる。

 買収されたのはFX業者「アセットカンパニー」(札幌)。2007年11月に金融商品取引業者として北海道財務局に登録。100人弱の顧客を集め、1億円を超える証拠金を預かっていた。
===ここまで===

 この記事にある理由から、『アセットカンパニー』が運用していたとは考えにくい。ついでに国内の業者だし。
 ……資産運用の有無については、これからはっきりすると期待したいな。

 さてさて。
 資産運用からネット通販に至るまで、オールインの提供するサービス(と言って良いかどうか疑問だが)を受けるには、アイポイントというポイント(擬似通貨)を購入しないとならない。
 このポイントを取り扱っているのが、キプロスにある『G.T. IPoint』という企業だ。

 ……が。
 別のエントリでも書いているように、G.T. IPointはオールインのペーパー企業で、登記はあっても実体は存在しない。
 実際、G.T.IPointの存在は確認できなかったと報道された。

   北海道新聞『マルチ商法会員狙い勧誘か 札幌市のFX投資関連会社』2009年7月21日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/178408.html
===全文掲載(赤色は当方による)===
 金融庁に無登録で外国為替証拠金取引(FX)に関与したとして、金融商品取引法違反などの疑いで道警の家宅捜索を受けた札幌市の投資関連会社「オール・イン」が、会員を集めるのに当たって同社関係者らがマルチ商法の会員を対象に勧誘していた疑いがあることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 同社の実態がマルチ商法と類似していたことや、会員に対し「資金の入金先」と説明していたキプロスの電子マネー業者が実際には存在しなかった疑いもあり、道警は近く幹部らから事情聴取を行い、組織の実態解明を進める方針。

 捜査関係者によると、札幌市内の健康食品などのマルチ商法会員を対象に勧誘、中でも末端会員に投資を持ち掛けるケースが多かった。同社の複数の幹部はマルチ商法に携わっていたことがあるとみられるほか、これまでキプロスの電子マネー業者の存在は確認できていないという。

 オール・イン元会員によると、勧誘した会員が開設した口座数に応じて紹介手数料が入る仕組みになっており、現金や電子マネーとして支払われていた。紹介した会員がやめない限り、手数料は毎月支払われたという。

 同社の会員数はピーク時には2万人を超えており、会員が会員を勧誘することで、短期間に会員を急増させたとみられる。
===ここまで===

 つまりG.T. IPointに振り込まれた金銭は、全てオールインが着服している。前述したように、運用していないと推測しているので、あえで「着服」という表現にした。

 現在の代表、森克彦氏がウインズインターナショナルから転がり込んで約2年。その間に被害額は100億円を超えてしまったか。
 ……こんな弱小ブログでも『Yahoo知恵袋』からのリンクを辿ったり、『オールイン 森克彦』で検索して来る人がいたから、少しは被害防止に役立っていた……と思いたい。

 2年で一斉捜索となったのは、個人的には早い気がしないでもない。しかし被害金額の大きさと、被害者が増えるのを防ぐという意味では、遅かったとも感じる。

 話はずれるが、かつて輸入品を扱う職場にいた事があり、為替の変動を見ていた時期がある。支払日は毎月何日と決まっていたため、為替に合わせて支払うと言う事はなかったけれど、原価に跳ね返ってくるので為替の上下に一喜一憂していた。
 その頃の経験で学んだ……と言うと大げさか……のは、素人では為替の上下の予測は不可能という事だ。プロでも読めないのだから、素人が手を出せば大火傷するのは改めて言うまでもない。

 FXにしろ商品先物にしろ、この手合いの投資話に手を出すのは、その人の都合や考えもあるから、理由についてはどうこう言わない。

 だけどオールインが詐欺集団(Victory Run FXの存在が不明だった頃はネズミ講と言ったが)なのは、JPモルガンから名指しされた時点で明らかになっていたし、JPモルガンに名指しされる前後でも詐欺を疑う根拠はあった。

 それでもオールインを信じて投資した人には、かけられる良い言葉が思いつかない。
 ……何を考えて参加したのだろう?

   Miffy58『オールインって』
     http://blog.livedoor.jp/miffy58/

 この期(2009年8月)に及んでも、親がオールインから目が覚めないmiffy58氏にも、親が何を考えて未だにオールインを信じ続けているのか理解できないようだ。蚊帳の外のこちらに理解できるものではないのかもしれないな。

 最後に。
 オールインの被害者弁護団が結成された。

   北海道新聞『オール・インに賠償請求へ FX関連で被害弁護団を結成 』2009年8月6日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/181227.html
===全文掲載===
 金融商品取引法違反の疑いで家宅捜索を受けた札幌の外国為替証拠金取引(FX)関連業者「オール・イン」をめぐり、東京の弁護士有志5人が5日、被害弁護団(荒井哲朗代表)を結成した。9月に同社や関連企業、役員、幹部会員らに対し、会員の出資金返還を求める損害賠償請求訴訟を起こす方針。

 9月4日まで会員の弁護団への委任を受け付け、両社、役員、幹部会員の破産申し立ても検討する。詳しくは事務局の「あおい法律事務所」のホームページを参照。問い合わせは同事務所(電)03・3501・3600へ。
====ここまで==

 あおい法律事務所『(オール・イン商法・リブラ商法に関する)説明書』
     http://www.aoi-law.com/gtipoint.html
 同上『オール・イン、リブラ等GTI商法被害事件 参加申込みについて』
     http://www.aoi-law.com/gtipoint_flow.html

 ……なんだろう。ウインズインターナショナルと同じに、9月になっていきなり「倒産しました」という話になる気がするのは……。


●過去ログ
『ウインズインターナショナル倒産』2007年9月30日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/58088725.html?1250046822
『投資詐欺オールインとスターライン』2008年4月26日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/94788312.html?1249959856
『警報!FXソフト』2008年7月13日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/102804476.html?1249959860
posted by にわか旅人 at 13:28| Comment(5) | TrackBack(1) | 悪徳商法追放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
<< 2009年08月 >>
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
重力子(グラビトン) by aj (10/28)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 通りすがりのおっさん (10/25)
重力子(グラビトン) by 助けてください (07/31)
重力子(グラビトン) by a (04/19)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。