2014年05月13日

鼻血の原因を被ばくに求められてもね

 小学館の「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中の『美味しんぼ』が、ちょっとどころでない騒ぎを起こしている。

『美味しんぼの“鼻血” 双葉町が抗議』NHK News Web、2014年5月7日
     http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140507/k100142809
91000.html
(リンク切れ)
===ここから===
小学館の雑誌に連載されている漫画「美味しんぼ」(おいしんぼ)の中に、東京電力福島第一原子力発電所を訪れた主人公らが原因不明の鼻血を出す場面があり、地元の福島県双葉町が「風評被害を生じさせている」として、小学館に対して抗議文を送りました。
(後略)
===ここまで===

 この作品は、献血センターでぱらぱらと読んだ程度で、正直言って詳しくない。今回の件についても持ち合わせているのは、作中でどのような表現がされているのか、報道記事やネットでまとめている記事の情報程度だ。なので、知識が大きく限定されているため、「作中表現が風評被害を助長しているかどうか」の論議については言及せずにおく。

 さて、件の騒動の内容とは。
 主人公らが福島第一原発を訪問後、激しい疲労感や鼻血を出す症状を起こした。そしてその原因は、被ばくにある、と結論したものだ。

『原発取材後に原因不明の鼻血描写 人気漫画「美味しんぼ」に批判相次ぐ』MSN産経ニュース、2014年4月29日
     http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140429/dst140429202
90008-n1.htm

===ここから(青字強調は当方による)===
(前略)
 編集部は「鼻血や疲労感が放射線の影響によるものと断定する意図はありません」などとするコメントを同誌のサイトで発表した。

 掲載されたストーリーは、主人公の新聞記者らが同原発の取材後に鼻血を出したり疲労感に見舞われたりする描写の後、井戸川克隆・前福島県双葉町長が「福島では同じ症状の人が大勢いますよ」と明かすという設定。

 一方で、主人公を診察した医師は「福島の放射線とこの鼻血とは関連づける医学的知見がありません」と話す場面もある。

 同編集部は「鼻血や疲労感は綿密な取材に基づき、作者の表現を尊重して掲載した。取材先や作者の実体験について、医師に見解を問う展開となっている」とした上で、これまでの連載では、検査で安全と証明されている食材を無理解で買わない風評被害を批判してきたと説明している。
(中略)
 北海道大学の奈良林直(ただし)教授(原子炉工学)の話「放射線の影響で鼻血が出たとなると、少なくとも1000ミリシーベルト以上を浴びた可能性がある。炉心に立ち入ったのではなく、福島第1原発を取材しただけで、これほどの放射線を浴びることは考えにくい。作中で『関連づける知見はない』との説明も同時にしているようだが、読み手に微量の放射線の影響ですぐさま体調が悪化するとの誤解を与えかねない表現といえるだろう」
===ここまで===

『鼻血原因は「被ばく」…「美味しんぼ」最新号』MSN産経ニュース、2014年5月11日
     http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140511/dst140511180
70008-n1.htm

===ここから(青字強調は当方による)===
 東京電力福島第1原発を訪問後に鼻血を出す描写が議論を呼んでいる漫画「美味しんぼ」(雁屋哲・作、花咲アキラ・画)の連載漫画誌の最新号に、福島県双葉町の井戸川克隆前町長が鼻血の原因をめぐり「被ばくしたからですよ」と語る場面があることが11日、分かった。

 「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)の12日発売号では、主人公らとの会話の中で井戸川氏が「福島に鼻血が出たり、ひどい疲労感で苦しむ人が大勢いる」と指摘した上で「今の福島に住んではいけないと言いたい」と発言。

 福島大の荒木田岳准教授が除染作業の経験を基に「福島を広域に除染して人が住めるようにするなんて、できないと私は思います」と語る場面もある。

===ここまで===

 疲労感が抜けなかったり、鼻血が出たりする。なぜなら、原発の取材で被爆したからだ!
 という表現がされている、との認識で良いのかな? 作中では、取材した程度で体調不良を起こすという知見はない、との表現もしているようだけれど、作品全体で被爆が原因だと言う表現をしていたら無意味だろう。

 それよりも。
「まず病院に行って診察受けてこい」
 思わずツッコんでしまった。
 ……いや。医師の見解も問う展開だ、と記事にもあるけどさ。

 素人診断で、あるのかどうか分からない『被ばく』が原因だと結論するより、本当に自分と家族の身体が心配なら、専門の医者にかかる方が精神面でも安心できるだろう。
 ただし。
 ・病院で受診して病気か否かを診断されるより、被ばくだ被ばくだと騒ぎたいだけの人ら。
 ・病院と国(あるいは県)が共謀して被ばくを隠蔽しているから、病院は信用できないとしている人ら。
 は除く。こういう人達は『被ばく』と騒ぐことが目的であって、自他が他の病気に罹っていても信用しないものだから。どちらかと言えば、「被ばくしていました。余命○ヶ月です」の言葉こそ、この手の人達が望み、安心する報告かもしれない。

 実際、上述記事でも鼻血が出ていると証言している前町長・井戸川克隆氏は、自身の鼻血写真を公開しているものの、病院に行って診察を受けたとは話していない。
     https://twitter.com/hiroshi5865/status/465079556940914688/
photo/1


 いや。病院に行って、被ばくのための『血液検査』を希望し、断られている。

『井戸川克驕E双葉町長「私は脱毛しているし毎日鼻血が出る。血液検査も断られた」』原発問題、2012年5月8日
     http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/8e2a4898ac4c1c158642ab
f710d3770b

===ここから(赤字強調は当方による)===
この前、東京のある病院に被曝しているので血液検査をしてもらえますかとお願いしたら、いや、調べられないと断られましたよ。
======

『被ばく』に関しては『内部被ばく検査』があり、甲状腺や体幹部の被ばくの度合いを、『ホールボディカウンター』と言う装置で調べる事ができる。

『ホールボディカウンター』放射線リスクリサーチセンター
     http://rrrc-tokyo.jp/
===ここから(赤字強調は当方による)===
◆放射線リスクリサーチセンターは、遮蔽のある椅子型ホールボディカウンターにより、5分間という短時間で、「甲状腺」、「体幹部」の内部被ばく検査を同時に行います。
===ここまで===

 『ホールボディカウンター』による検査は、福島県全体で実施されている。

『週刊ビッグコミックスピリッツ「美味しんぼ」に関する本県の対応について』福島県、2014年5月12日
   http://www.pref.fukushima.lg.jp/sec/01010d/20140512.html
===ここから===
 県では、これまで全ての県民を対象とした「県民健康調査」「甲状腺検査」「ホールボディカウンター」等により、県民の皆様の健康面への不安に応える取組を実施してまいりました。
===ここまで===

 勿論この検査は、氏が前町長を務めていた双葉町においても同様だ。

『放射線内部被ばく検査(ホールボディカウンター)のお知らせ』双葉町、2013年5月7日
     http://www.town.fukushima-futaba.lg.jp/2723.htm
===ここから===
 双葉町ではこれまで、福島第一原子力発電所の事故に伴う住民の健康不安の解消と健康管理のための放射線内部被ばく検査を妊娠中の方及び高校生以下の方、原発事故後20km圏内にいた方を対象として実施してまいりました。
(中略)
検査内容
  内部被ばく検査(ホールボディカウンター)
===ここまで===

 つまり井戸川氏は、的外れな検査を病院側に希望し、断られただけだ。どうも氏はこの対応を、国の陰謀説と結論している節がありそうだ。
 と言うか、自分が町長をしていた町で、どのような被ばく検査が行われているのか、知らないはずなかろう。いちゃもんをつけるために、意味のない血液検査を申し込んだようにすら勘繰ってしまう。
 ……ひょっとしたら、ホールボディカウンターで異常が出なかったので、不満を持っているのかもしれない。あくまで憶測。

◎他参考
『前双葉町長の井戸川克隆に「鼻血が出るなら病院行け」「検査すべき」の声。美味しんぼに実名で登場で』にんじ報告、2014年5月10日
     http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/38026928.html

 さてさて。
 素人知識の中からでも、疲労感や鼻血を伴う症状から疑われる病気、と言うものに思い当たるものがある。
『糖尿病』もしくは『糖尿病と高血圧の合併症』だ。

武田薬品工業株式会社『だるさ・倦怠感をともなう疾患』タケダ健康サイト
     http://takeda-kenko.jp/navi/navi.php?key=darusa#anc02
===ここから(青字強調は当方による)===
9.糖尿病
糖尿病はすい臓でつくられるインスリンの分泌や作用が低下し、血糖値が慢性的に高い状態になる生活習慣病です。(中略)糖尿病が進行すると、だるさや倦怠感、のどが渇いてたくさん水分をとるために尿の量が増えるなどの症状があらわれます。
===ここまで===

『あなたの鼻血は大丈夫!?鼻血を伴う4つの怖い病気!』健康生活
     http://health-to-you.jp/nosebleed/hanadiwotomonaubyouki4136/
===ここから(青字強調は当方による)===
糖尿病が原因で鼻血!?
(前略)
それは、糖尿病にかかると血管がもろくなることが多いからです。血管がもろくなると、ほんの少しの刺激でも鼻血を出してしまいます。その為、糖尿病患者さんの中には、鼻血が頻繁に出ると言う人も、大勢いらっしゃるのです。
===ここまで===

『その鼻血は病気の前兆!?鼻血から考えられる驚きの病について』健康生活
     http://health-to-you.jp/nosebleed/hanadizentyoubyouki8675/
===ここから(青字強調は当方による)===
実は高血圧が原因の鼻血!?

鼻血は誰にでも起こる症状です。しかし、頻繁に鼻血を出す方は、高血圧である可能性も否定できません。また高血圧の方は、鼻血が出ると止まりにくいという特徴があります。中にはかなり大量出血してしまうケースもあります。
===ここまで===

 ……見当違いな薮を突いている気になってきたので、とりあえず結論。

「疲労感や鼻血の原因を『被ばく』にするより、生活習慣から来る病気の可能性を心配しようや」

 特に『美味しんぼ』みたいなグルメ漫画では、主人公達はいつも美味しいものばかり食べているから、糖尿病や高血圧になりやすいと思う。
 たまにはカロリー控えめで、糖尿病や高血圧予防になる食事、みたいなものも特集したかもしれないけれど、そこまでは知らない。もっとも、一品のカロリーは低くても、量を摂れば本末転倒なのは、改めて指摘するまでもないだろう。

 でもまさか、これだけ世間に物議を醸し出しておいて、作品の最後を
「原因は被ばくではなく、過食による糖尿病と高血圧でした」
 なんてオチで締め括ることはあるまい。
 ……あり得ない、よね?
posted by にわか旅人 at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康増進? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年11月05日

株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令

 一ヵ月近く前の話になる。
 2012年10月18日、消費者庁は『株式会社Rida』に対し3ヵ月の業停止命令を出した。
   消費者庁『特定商取引法違反の連鎖販売業者に対する業務停止命令(3か月)について』平成24年10月18日
     http://www.caa.go.jp/trade/pdf/121018kouhyou_1.pdf

   朝日新聞『マルチ商法会社に業務停止命令3カ月 消費者庁』2012年10月18日
     http://digital.asahi.com/articles/TKY201210180743.html?
ref=comkiji_txt_end_s_kjid_TKY201210180743
 (リンク切れ)
===引用開始===
 合理的な根拠がない効能をうたって美顔器と音楽プレーヤーのセットを1組約20万円で売ったとして、消費者庁は18日、神戸市の販売会社「Rida」に対し、特定商取引法違反(不実告知など)で3カ月間の業務停止を命じた。同社は「承服できない部分もあり、対応を検討中」としている。

 消費者庁によると、同社の社員らは昨年春以降、連鎖販売取引(マルチ商法)と呼ばれるやり方で、「イルカが出す音波と同じものが出る」「体の不調をすべて整える」などと説明して販売したほか、勧誘目的を告げずに知人を誘い出したり、契約を断った人をしつこく勧誘したりした。

 同社は2007年設立で会員(購入者)は約2万人、昨年度の売り上げは約30億円。全国の消費生活センターには「知人の紹介で渋々買ったが、本当に体に効くのか」といった相談が寄せられていた。
===ここまで===

 さて。
 Rida社と言えば、当ブログで以前取り上げたところ、プロバイダのシーサー株式会社に対し苦情が入り、記事を削除された過去がある。その記事を再掲載したら、今度は弁護士を通じて抗議が入り、やはり削除されてしまった。2012年5月の話だ。ちなみに、弁護士事務所はネット検索したら実在するので、本物だと判断した。

 その抗議された理由の一つが、「Rida社はマルチ商法を行っていない」だったから呆れた。
===送付されたメールの一部(青字強調は当方による)===
・権利が侵害されたとする理由:
 別紙資料のように通知人の会社名および代表者名を掲載し、不特定多
数のユーザーに対してあたかも通知人がマルチ商法などの不法行為を行う
会社であり
(以下略)
===ここまで===

 Rida社のHPを見れば、会社概要で会社名に所在地に代表者の名前まで見られるのに、それを掲載すると『権利侵害』なのだそうだ。勿論、会社概要のページへのリンクも貼っておいた。

 また、削除された当該記事では、Rida社がマルチ商法、いわゆる連鎖販売取引を行っていると書きはしたけど、「違法」「不法」の文字は入れていなかった。

 そこで、以下の一文を返してみた。
===当方の返信メールの一部===
 株式会社Ridaは『連鎖販売取引』、いわゆるマルチ商法(MLM、マルチレベルマーケティング、ネットワークビジネス)を手掛けている企業です。『Rida社はマルチ商法を行っていない』と修正すると、虚偽になるので避けたいのです。
   http://egaodeseiko.com/archives/6543751.html(リンク切れ)
   http://mlmseikou.com/mlm/rida/
 他にも多数『ネットワークビジネス Rida』で検索するとヒットが多くあります。
===ここまで===


 回答はこの通り。
===送付されたメールの一部(青字強調は当方による)===
Rida社は違法なマルチ商法ならびに連鎖販売取引 は行っていない。

また上記の2サイ トに関しては他の連鎖販売取引を行っているであろう会社の
勧誘サイトであり、
貴殿が示すネットワークビジネスであるという根拠にはなりえない。
===ここまで===
 ……弁護士が嘘ついて記事を削除しろと来ていたんですよ……。

 何と言うか……怒りと言うか、弁護士のこんな言い分に記事を削除した自分の不甲斐なさに泣きたくなると言うか……。

 Rida社の「承服できない部分もあり、対応を検討中」の『検討』が、この弁護士を交えてのものなら、事態の改善には役に立たないだろうな、と慰めるしかなさそうなのが、また情けない。


posted by にわか旅人 at 20:30| Comment(3) | TrackBack(0) | 悪徳商法追放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月26日

いまさらマイナスイオン

 商売のネタ探しか自己啓発か、上司があるセミナーに参加した。
 それだけならどうでもいい話なのだが、「ためになる良い話だった」と感心した内容が似非科学だったりすると、目も当てられない。
 今回はそんな話。

 上司の話から出た講師の名前と日程から判断するに、上司が出席したセミナーはこれのようだ。

   サン・アスリート株式会社『究極の予防医学。健康志向の方!「食育」「栄養学」「ボディケア」を学ぶ方 必見です!』2009年10月2日
     http://www.sunathlete.com/comming/post_53.html
===引用開始===
 今回、人間の基礎の基礎である、継続的な健康(未病)を維持するために
 予防医学の第一人者であります。
 あの堀口医院の理事長(前院長)であります医師
 堀口 裕(ひろし) 先生をお招きいたします。
     (中略)
 堀口先生は
病気には成らないで欲しい・・・いつもそういわれております。
 色々な方向を研究された結果
 マイナスイオンが人体の細胞を活性化させた結果に
 免疫力向上や血行改善を促進してゆくと言われます。
===ここまで===

 ……よりにもよって、と言うか、今さら『マイナスイオン』かよ!?
 上司の理数系知識が低いのは前々から知っていたが、ここまで酷いとは予想外だった。
 ……いや。
 「乳酸菌発酵の食品なのに、殺菌したら乳酸菌を入れた意味がなくなるじゃないか! なんでこんな事をするんだ! 理解できない?!」
 と某乳酸菌発酵食品を批判していたくらいだから、予想してしかるべきだったかもしれない。
 ……殺菌すると、菌に分解・生成された化合物が元の物質に戻ると思っていたらしい……それ何て言う『ゴールド・エクスペリエンス』? そもそも乳酸菌のほとんどは胃で殺菌されるのに、それすら知らないっていうのが……。

 こんな上司が『陽イオン』『陰イオン』の単語を知るはずもなく……と言うとバカにしている感があるが、本当に知らなかったのだから仕方ない……「『マイナスイオン』は化学で使う単語ではありませんよ」と俺が説明をしたら、無視……どころか肉体言語込みで逆ギレされた。

 肉体言語の詳細はエントリの主旨から逸れるので省くとして、マイナスイオンの健康・医療効果で上司ががなり立てた内容は、似非科学・マルチ商法批判サイトや掲示板で見かける信者の発言とそっくりだ。
 ……実際はチンピラごろつきの口調で罵倒されたのだが、見苦しいので変えてある。

 曰く。
 ・「マイナスイオンがインチキなら、医療機関で使うはずがない。医療機器として認可されているのだから、マイナスイオンには効果がある」
 ・「堀口医院その他、マイナスイオン治療器を使っている病院では、患者が列を作って待っている。それ程効果のある治療法だ。疑うなら病院に行って見てくればいい」
 ・「大手メーカーもマイナスイオンの装置を作っている。存在しないと言うなら、大手メーカーが作るはずない」
 ・「マイナスイオンが存在しないと言うなら、存在しないことを証明しろ。できたらノーベル賞ものだ」
 etc. etc…

 こうも見事にはまられると、
 「たった1回のセミナーで、ここまで洗脳されるか! 恐るべし、洗脳セミナー!!」
 ……と、笑えない冗談を飛ばすしかない。

 さて。
 どうすれば上司に、マイナスイオンに根拠はないと理解させられるか?

 カルトやマルチ商法にはまった人への対処としてよく言われているのは、
 1. 話は聞いても相手(会員になる・セミナー出席・商品の購入)はしない。
 2. 共通の友人(がいれば)に、注意するよう連絡を入れる。
 3. 当人の熱が冷めて元に戻ったら、受け入れる心構えをしておく。
 ……だったかな?

 つまり今は放置して、遠巻きに「これっておかしくないか?」と自覚するのを待つしかない訳だ。

 ところが、だ。
 不可抗力とは言えかなり悪い選択をしてしまった。
 マイナスイオン批判の資料を見られてしまったのだな。
   菊池誠『「ニセ科学」入門』大阪大学サイバーメディアセンター
     http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/nisekagaku/
nisekagaku_nyumon.html


 資料としてプリントアウトしたものを机の上に置いておいたら、それを上司に見られてしまった。不本意ながら、結果としては否定する資料を見たのと同じ。
 ……タイトルだけで上司はブチ切れ、肉体言語に走ったから中味は読んでいないと思う。

 こっちを見られたら、もっと大変だったかもしれない。
   菊池誠『科学者はマイナス・イオンブームの何に困惑させられたのか』大阪大学サイバーメディアセンター
     http://www.cp.cmc.osaka-u.ac.jp/~kikuchi/texts/minus_ion.pdf

   『ニセ科学』YouTube
     

   『まん延するニセ科学』YouTube


 そもそも中学生レベルの理科でも、マイナスイオンの説明がおかしいのは十分理解できるはずだ。
 ところが、
 「堀口先生は工学部を卒業してから、医学部に入り直して医者になった。中学生レベルの理科の知識しかないくせに、マイナスイオンの研究を長年続けている先生に難癖をつけるのか」
 と意味不明な理由を付けたのが上司だ。
 ……いえいえ。中学生レベルの科学を求められているのは貴方です。

 さてさて。
 俺がマイナスイオンを批判したにあたり、怒り心頭の上司が難問……というかイチャモン・難癖を吹っかけてきた。

 曰く。
 ・堀口先生は何年もマイナスイオンを研究し、装置を開発してきた。だからお前はそれを否定する研究をして「マイナスイオンが存在しない」という論文を提出しろ。
 ・「(中高生の)教科書に書いてある」「○○○からの引用」などの根拠は、間違えている恐れがあるから使うな。自分で実験・研究した内容だけで語れ。
 etc. etc….。

 「悪魔の証明」を求めるのは良くある話だが、教科書まで否定して「実験で証明しろ」と来たのは新しい。
 ……「何百何千人が追試を行って、少しずつ修正した内容をまとめたのが教科書なのに、それを否定するなんてどこの原始人?」「厨ニDQN乙」と、どこかの巨大掲示板に書くような台詞が浮かんだのは秘密だ。

 「何一つ証明できないくせに、何年も研究している人を批判するとは、一体何様のつもりだ!」
 の一文は、上記「曰く」で並べた文言の後に必ず付いてきている。
 ……前後がつながらないのはお約束……? 証明するのはこっちではなくて、「先にマイナスイオンの健康効果を堀口先生する方が先」だと言ったら、肉体言語を食らった。

 今回が初めてではないものの、この上司、つくづく科学リテラシーを持ち合わせていないのだな、と絶望的な気持ちになった。
 ……まぁ、職場では研究・開発の人が呆れ返る科学の基礎を平気で質問する人物なので、科学リテラシー云々を話すだけ無駄な相手だ。

 このままでは愚痴で終わってしまうので、「否定できるならしてみろ」と、上司がセミナーかどこかでもらってきた資料を並べてみる。上司によると、「マイナスイオンを証明する」資料らしい。
 ……否定ではなくて、科学的に「おかしい」と指摘しただけなんだけどね。

 (1) 『電子の基礎知識』カンゲンイオン医学研究会資料
 (2) 堀口昇、堀口裕、二見英揚、植松美紀、仁木麻早、佐藤有『赤血球細胞内検査・血液検査に基づく新陳代謝検査法の開発と「新陳代謝スケール」の作成』医療と検査機器・試薬 30(3):
299-314, 2007.
 (3) 堀口昇、時代強、堀口裕『HIV/AIDSに対する還元電子治療成績』化学療法の領域、2008年10月号別冊(原著:Antibiotics & Chemotherapy, 24 (10): 93-103, 2008)
 (4) 堀口裕『心拍スペクトル解析から検討したマイナスイオンの自律神経への影響』全国マイナスイオン医学会誌、4 (1): 40-44, 2000.
 (5) 『カンゲンイオンの効果 いつまでも健康でいたい』カンゲンイオン医学研究会、2005. 3-4
 (6) カンゲンイオン医学会誌、7 (7): 2004.
 (7) 『Miエナジー ET-21』取扱説明書
 (8) 『Miエナジー使用マニュアル』カンゲンイオン医学研究会、2005. 2-3.

 (1)の『電子の基礎知識』については、以前『水商売ウォッチング』の掲示板で触れた事がある。
 ……よそ様の掲示板なので手加減していたのと、書き込みに不慣れだった時分なので、今読み返すと全身を掻き毟りたくなる。言いたかったことの半分も語れていない。
     http://atom11.phys.ocha.ac.jp/bbs01/msg.php?mid=19152&
form=tree


 (2)〜(8)の文献・資料については、機会を見つけてまとめられればと思う……のだけど、エントリのタイトル通り「いまさら?」感がしないでもない。
 例えば(2)の『赤血球細胞内検査(以下略)』文献では、
 「この検査法は『人の病気は細胞に起こり、細胞の酸性・酸化の亢進が正常なエネルギー産生を阻害する』という考え方に基づいている」
 と冒頭で断っているくらいダメダメなものだ。中味はまともに試験したようなのに、出だしから科学論文じゃないって。
 ……後の資料も推して知るべし。

 さてさてさて。
 職場であれば、上司がマイナスイオン商品を取り扱いたいと稟議を出したところで、上層部で止められる公算が大きい。被害があるとすれば、直下の俺が八つ当たりされる程度だろう。
 しかし俺が問題と感じるのは、上司が自称(裏を取るつもりはない)するに、上司は町内会会長と、中学生の野球チーム(全国大会出場経験有り)の監督をしている、というものだ。
 『水からの伝言』みたいに、おかしな経路で教育に入っていかないか。それが心配だ。
 ……マイナスイオンはとっくに社会に溶け込んでいる、という異論は認める。
posted by にわか旅人 at 01:18| Comment(10) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月23日

ゼロ(零)磁場

 地殻変動による断層同士がぶつかり合う事で互いの磁気を打ち消し、磁気が低くなっている土地がある。そのような土地はエネルギーが低いと思われがちだが、ある特殊なエネルギーが形成・蓄積されている。
 古来より聖地、あるいは癒しの地として知られる場所がそれであり、有名な場所ではフランスのルルド、中国の蓮華山、日本なら長野県の分抗峠が該当する。それらの土地のエネルギーが蓄えられた水が、「奇蹟の水」「神秘の水」として知られるのは周知の通りである。
 この癒しのエネルギーを蓄えている土地を、磁気の低い(あるいは無い)事から『ゼロ磁場』と言う。


 「蓮華山やルルド地方に断層なんかあるのか?」というのが俺の疑問だったりする。
 しかし『ゼロ磁場』とそこの水の奇蹟的な効果を信じる信者は、疑問を抱いたりしない。
 ……カルトは教えを疑う事を禁じるようだし。

 本人が宗教だと理解して一人細々と信仰するなら放っておいても害はないが、市などの自治体がさも真実のように取り上げるのは問題だろ?

 長野県伊那市のHPより。
   『分杭峠(気場)』2007年4月27日
     http://www.inacity.jp/view.rbz?nd=95&of=1&ik=1&pnp=38&pnp=
76&pnp=95&cd=157

===引用開始(赤色強調は当方による)===
☆☆ ゼロ磁場(気場とは?) ☆☆

【断層断面図ゼロ零磁場(断層)の機能】

 分杭峠は中央構造線という大断層の上にあります。断層には地表面のズレとしての段差並びにゼロ零磁場があり、人間に例えると皮膚の経絡(けいらく)・経穴(つぼ)と同様に気の通る道並びに気の出口・入口であると考えることが出来ます
 断層の両側から押し合う力によって、断層には全般的にエネルギーの蓄積があり、また局部の突出部にはエネルギーのないゼロに近い場所(零場)もあり得ると推定出来ます。零は文字どおり「なにも無い、零」でありますが、(+)回転と(-)回転が一対になった素粒子状のスピン対(気)は零にならず、逆に零場に次第に蓄積される傾向があると判断できます
 断層付近には、放射線の強い場所や地磁気変化の著しい場所があります。実験によると、サイ(気)はラジウム等放射性物質原子の原子核内の不安定な中性子に直接働きかけて、y線などのエネルギーを放出して、より安定的なラドン等になる(ラジウム崩壊)性質があります。
 気は不安定な物質を安定化してバランスを取る性質があり、この崩壊の際のエネルギーを使って異常現象を起こしていると考えられています。ラドン温泉などとして知られる低線量放射線は、免疫の機能を高め、自然治癒力を増進させるもので、健康に良いと言われています
===ここまで===

 『ゼロ零磁場』と『サイ(気)』について説明しているらしいのだが、何度読み返しても意味不明だ。
 ……「考えることが出来ます」「推定出来ます」「判断できます」「考えられています」と、歯切れの悪い説明しかできない事は理解した。

 スピンに触れているから、つい『ゼロ零磁場』とは原子核のスピン(核磁気モーメント、核スピン)の事かと誤解しそうだが、「スピン対は零にならない」「対は零場に蓄積される」で意味が判らなくなる。
 と言うか、真面目に物理化学を勉強している人なら、鼻で笑う与太話だろ、これ。俺は笑えないが。
 ……「零場」なんて単語はないし、スピン対が「気」のはずもない。「蓄積」されるのはゴミデータとデータ取り(の準備)に費やす時間と、無駄になる紙の束ぐらいのものだ。

 更に意味不明なのが、「実験によると、サイ(気)は放射性元素の不安定な中性子に働きかける」の下りだ。

 どういう実験で「気」を確認したのか、と初歩的にツッコむならば、だ。
 「気」によって、半減期が短縮されたのを確認したと見るべきだろうな、うん。物理化学だけでなく、地質学や考古学あたりの年代測定に半減期を用いる学問にも影響が出るから、ぜひとも論文にまとめて提出してもらいたいものだ。
 ……放射線治療後にも使えるな。医療にも大貢献だ。こんなネットの一角で実験で確認したなんて言っている場合じゃないぞ。

 放射性元素の中性子は、不安定でも何でもない。
 原子核での陽子と中性子の比率が歪なために中性子が飛び出し、原子番号の低い元素になるという話であって、中性子が何か変なエネルギーを出して、陽子・中性子の数も変わらずに安定した元素なり同位体になる訳ではない。
 ……比率が歪というのも正確な表現でないので心苦しいところだ。

 「気は不安定な物質を安定化してバランスを取る性質があり、この崩壊の際のエネルギーを使って異常現象を起こしていると考えられています」というのも意味が判らない。
 ……意味が判らないと、何回言わせたいのだろう?

 不安定な物質を「安定」させているのに、どうして「崩壊」するのさ? 放射線のある温泉が健康に良いような話は時々耳にするけど、それが「気」の起こす「異常現象」なのか?
 ……「気」が異常の原因なら、健康に良いというのと矛盾するだろ?

 軽くツッコミを入れてみたものの、『ゼロ零磁場』『サイ(気)』とある時点で、似非科学なのは述べるまでもない。

 これがどこかの企業のHPならまだしも(それでもネタとしての需要はある)、市がHPに堂々と載せているのだから、伊那市が他にも変なものに手を出していないか、ちょっとどころではなく酷く心配になった。
 ……ざっと見た限り、EM菌入りの団子を川に投げ入れる活動や、「ありがとう」と声をかけて水質の改善を図るとか、波動転写器で分杭峠の「気」を転写した水を販売する、とかはしていないようだ。


 いや、甘かった。
 市が販売しているのではないのが幸い(?)、『ゼロ磁場の秘水』と名前で既に販売されている。
   零磁場ミネラル株式会社HP
     http://zerojiba.jp/

 この企業は波動転写器を使った水は販していないようだ。
 ……しかし「気」やら「スピリチュアル」やらの怪しい単語の数は、伊那市のHPの比ではない。

 勿論、波動信者が目を付けないはずがない。
   分杭峠(ぶんぐいとうげ)ゼロ磁場の情報サイト
     http://bungui.fineup.net/

 管轄(?)の市が「気」やら「ゼロ零磁場」なる似非科学をHPに載せているのは、似非科学・オカルト信者にどう映っているのだろう?
 「市がHPに掲載しているのだから、ゼロ磁場水と気と波動は科学的に正しいと認められたのだ」かな?


◎参考◎
 ゼロ磁場ショップ〜イヤシロチ〜
   http://www.honmono-ariake.com/
 NMR超基礎編
   http://www.chem-station.com/yukitopics/nmr-kiso.htm
 Wikipedia 『放射性物質』
   http://xurl.jp/1t1a
 Wikipedia 『同位体』
   http://xurl.jp/2t1a
posted by にわか旅人 at 15:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月13日

オールイン被害弁護団結成

 2007年9月から2〜3回エントリを書いている投資詐欺の『株式会社オール・イン』が佳境に入った。
 ……佳境に入ったのは、正確には半月以上前の2009年7月20日に一斉捜索からだ。

   読売新聞『無登録FXで巨額資金、投資関連会社を捜索』2009年7月20日
   http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20090720-OYT1T00307.htm?
from=nwlb
(リンク切れ)
===全文掲載(赤色は当方による)===
 札幌市の投資関連会社「オール・イン」が無登録で外国為替証拠金取引(FX取引)を行い、高配当をうたって総額100億円超の巨額資金を集めていたとされる問題で、道警は20日、金融商品取引法違反(無登録営業)容疑で、札幌市北区の同社本社など、同社関連施設を一斉捜索した。

 捜索を受けたのは、同社本社のほか、仙台市泉区の同社関連会社、札幌市中央区の同社社長の自宅など数か所に上った。

 捜査関係者などによると、同社は2007年夏頃から会員を募集。1口10万〜300万円の出資金を、海外の資産運用会社が指定した都内の銀行口座に入金し、インターネットを通じて自動的にFX取引ができる専用ソフトウエアで自宅などのパソコンから出資金を運用する仕組みで、全国約2万人の会員を集めていたという。

 FX取引を行うには金融庁の営業登録が必要。オール・インは営業登録がなく、FX取引については、海外の資産運用会社が独自に行っているなどと主張しているが、道警では、オール・インが会員にFX取引ができるソフトウエアを有償提供していたことについて、金融商品取引法で制限している投資助言などの行為に当たると判断した。

 同社では、運用実績について契約書などに月約20%の利息があるとしていたほか、会員募集の際には「毎月30〜40%の配当がある」など、高配当を約束して勧誘していたケースもあったという。

 しかし、昨年秋から会員への配当が遅れるようになり、解約しても出資金が返還されないトラブルも起きていることから、道警では出資金が適切に運用されていなかった可能性もあるとみており、今後は押収した資料の分析を進め、詐欺容疑などの適用も視野に捜査を進める方針。

 同社の広報部長は、FX取引について「金融庁に登録はしていなかった」と認めているが、違法性の認識については「自分の立場では話すことができない」としている。また、同社側が社長名で会員に配信したメールでは、FX取引は海外の資産運用会社が行っているとして、「(オール・インが)法律に抵触するような行為を行っていない」などと主張している
===ここまで===

 さて。
 「海外の資産運用会社が独自に行っている」という下りなのだが、俺の情報収集能力の低さもあって社名が見つからない。
 ネットで調べると、「Victory Run FXが自動売買を行っている」から「オールインの投資のプロが手ずから取引している」「運用などしていない。実績は捏造だろう」まで色々と話が錯綜している。
 ……投資など一切しておらず、会費を全て自転車操業に使っていたのだろう、というのが俺の推測。

 資産運用会社として、『アセットカンパニー』の名前を何度か見かけてはいる。ただしこの業者は、昨年のうちに登録を抹消されている。

   北海道新聞『FX無登録容疑のオール・イン 昨年6月に登録業者買収 信頼性高める狙いか』2009年7月23日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/178685.html
===全文掲載(赤色は当方による)===
 金融庁に無登録で外国為替証拠金取引(FX)に関与し、多額の資金を集めたとして金融商品取引法(金商法)違反(無登録営業)などの疑いで道警の家宅捜索を受けた「オール・イン」(森克彦社長)が昨年、正規のFX登録業者を買収していたことが22日、分かった。この業者は買収直後に金商法違反で登録を抹消されたが、登録業者の買収により「会員の信頼性を高める」(関係者)狙いがあったとみられる。

 買収されたのはFX業者「アセットカンパニー」(札幌)。2007年11月に金融商品取引業者として北海道財務局に登録。100人弱の顧客を集め、1億円を超える証拠金を預かっていた。
===ここまで===

 この記事にある理由から、『アセットカンパニー』が運用していたとは考えにくい。ついでに国内の業者だし。
 ……資産運用の有無については、これからはっきりすると期待したいな。

 さてさて。
 資産運用からネット通販に至るまで、オールインの提供するサービス(と言って良いかどうか疑問だが)を受けるには、アイポイントというポイント(擬似通貨)を購入しないとならない。
 このポイントを取り扱っているのが、キプロスにある『G.T. IPoint』という企業だ。

 ……が。
 別のエントリでも書いているように、G.T. IPointはオールインのペーパー企業で、登記はあっても実体は存在しない。
 実際、G.T.IPointの存在は確認できなかったと報道された。

   北海道新聞『マルチ商法会員狙い勧誘か 札幌市のFX投資関連会社』2009年7月21日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/178408.html
===全文掲載(赤色は当方による)===
 金融庁に無登録で外国為替証拠金取引(FX)に関与したとして、金融商品取引法違反などの疑いで道警の家宅捜索を受けた札幌市の投資関連会社「オール・イン」が、会員を集めるのに当たって同社関係者らがマルチ商法の会員を対象に勧誘していた疑いがあることが21日、捜査関係者への取材で分かった。

 同社の実態がマルチ商法と類似していたことや、会員に対し「資金の入金先」と説明していたキプロスの電子マネー業者が実際には存在しなかった疑いもあり、道警は近く幹部らから事情聴取を行い、組織の実態解明を進める方針。

 捜査関係者によると、札幌市内の健康食品などのマルチ商法会員を対象に勧誘、中でも末端会員に投資を持ち掛けるケースが多かった。同社の複数の幹部はマルチ商法に携わっていたことがあるとみられるほか、これまでキプロスの電子マネー業者の存在は確認できていないという。

 オール・イン元会員によると、勧誘した会員が開設した口座数に応じて紹介手数料が入る仕組みになっており、現金や電子マネーとして支払われていた。紹介した会員がやめない限り、手数料は毎月支払われたという。

 同社の会員数はピーク時には2万人を超えており、会員が会員を勧誘することで、短期間に会員を急増させたとみられる。
===ここまで===

 つまりG.T. IPointに振り込まれた金銭は、全てオールインが着服している。前述したように、運用していないと推測しているので、あえで「着服」という表現にした。

 現在の代表、森克彦氏がウインズインターナショナルから転がり込んで約2年。その間に被害額は100億円を超えてしまったか。
 ……こんな弱小ブログでも『Yahoo知恵袋』からのリンクを辿ったり、『オールイン 森克彦』で検索して来る人がいたから、少しは被害防止に役立っていた……と思いたい。

 2年で一斉捜索となったのは、個人的には早い気がしないでもない。しかし被害金額の大きさと、被害者が増えるのを防ぐという意味では、遅かったとも感じる。

 話はずれるが、かつて輸入品を扱う職場にいた事があり、為替の変動を見ていた時期がある。支払日は毎月何日と決まっていたため、為替に合わせて支払うと言う事はなかったけれど、原価に跳ね返ってくるので為替の上下に一喜一憂していた。
 その頃の経験で学んだ……と言うと大げさか……のは、素人では為替の上下の予測は不可能という事だ。プロでも読めないのだから、素人が手を出せば大火傷するのは改めて言うまでもない。

 FXにしろ商品先物にしろ、この手合いの投資話に手を出すのは、その人の都合や考えもあるから、理由についてはどうこう言わない。

 だけどオールインが詐欺集団(Victory Run FXの存在が不明だった頃はネズミ講と言ったが)なのは、JPモルガンから名指しされた時点で明らかになっていたし、JPモルガンに名指しされる前後でも詐欺を疑う根拠はあった。

 それでもオールインを信じて投資した人には、かけられる良い言葉が思いつかない。
 ……何を考えて参加したのだろう?

   Miffy58『オールインって』
     http://blog.livedoor.jp/miffy58/

 この期(2009年8月)に及んでも、親がオールインから目が覚めないmiffy58氏にも、親が何を考えて未だにオールインを信じ続けているのか理解できないようだ。蚊帳の外のこちらに理解できるものではないのかもしれないな。

 最後に。
 オールインの被害者弁護団が結成された。

   北海道新聞『オール・インに賠償請求へ FX関連で被害弁護団を結成 』2009年8月6日
     http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/181227.html
===全文掲載===
 金融商品取引法違反の疑いで家宅捜索を受けた札幌の外国為替証拠金取引(FX)関連業者「オール・イン」をめぐり、東京の弁護士有志5人が5日、被害弁護団(荒井哲朗代表)を結成した。9月に同社や関連企業、役員、幹部会員らに対し、会員の出資金返還を求める損害賠償請求訴訟を起こす方針。

 9月4日まで会員の弁護団への委任を受け付け、両社、役員、幹部会員の破産申し立ても検討する。詳しくは事務局の「あおい法律事務所」のホームページを参照。問い合わせは同事務所(電)03・3501・3600へ。
====ここまで==

 あおい法律事務所『(オール・イン商法・リブラ商法に関する)説明書』
     http://www.aoi-law.com/gtipoint.html
 同上『オール・イン、リブラ等GTI商法被害事件 参加申込みについて』
     http://www.aoi-law.com/gtipoint_flow.html

 ……なんだろう。ウインズインターナショナルと同じに、9月になっていきなり「倒産しました」という話になる気がするのは……。


●過去ログ
『ウインズインターナショナル倒産』2007年9月30日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/58088725.html?1250046822
『投資詐欺オールインとスターライン』2008年4月26日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/94788312.html?1249959856
『警報!FXソフト』2008年7月13日
   http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/102804476.html?1249959860
posted by にわか旅人 at 13:28| Comment(5) | TrackBack(1) | 悪徳商法追放 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月19日

似非科学でごきげん? なクリニック

 ちょいと久し振りに『健康産業流通新聞』の「代替医療の現場から」。
 2009年3月28日と古い記事だけれど、90回目を数えるこのコラムに登場した人物は「三番町ごきげんクリニック」の院長、澤登雅一(さわのぼり・まさかず)医学博士だ。

   三番町ごきげんクリニックHP『院長プロフィール』より
     http://www.kenko.org/about_clinic/profile.html
===引用開始===
医学博士
東海大学医学部血液腫瘍内科非常勤講師
日本内科学会認定内科専門医
日本血液学会専門医
日本がん治療認定医機構 がん治療認定
日本抗加齢医学会専門医
米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医
日本医師会認定産業医
1992年、東京慈恵会医科大学卒業。
血液内科医として、日本赤十字社医療センターにて14年間勤務。
2005年より三番町ごきげんクリニック院長。
===ここまで===

 プロフィールを眺める限り、素人目には1点を除けばかなりまともに見える。
 しかしHPを見れば明らかなように、「三番町ごきげんクリニック」は代替医療専門のクリニックだし、「米国先端医療学会(ACAM)キレーション治療認定医」という肩書きで、全てを台無しにしてしまった印象がある。
 ……キレーション治療に効果がない事は別のエントリで以前書いた。

 あらかじめ断っておくと、『米国先端医療学会』などとHPで銘打っていても、ACAMはAmerican College for Advancement in Medicineの略で、ゲーリー・ゴードン(Garry Gordon)博士が設立したNPOだ。正式な学会ですらない。
 ACAMは既存の医療をほぼ全面的に否定し、CAM(Complementally Alternative Medicine、代替医療)を推進している組織でもある。
 ……『キレーション療法』で調べると、Garry Gordonの名前がかなり出てくるので、ACAMはキレーション療法推奨で一番手を担っている組織と考えても良いだろう。

 しかもACAMは、キレーション療法に科学的な根拠はなく、「キレーション療法に効果があるような広告」は行わないと、1998年にFederal Trade Commission(FTC、米連邦取引委員会)と和解した経歴も持つ。

Federal Trade Commission “Medical Association Settles False Advertising Charges Over Promotion of "Chelation Therapy" December 8, 1998.
   http://www.quackwatch.org/02ConsumerProtection/ftcchelation.html
(Quackwatch のページより)
===引用開始===
The American College for Advancement in Medicine (ACAM) has agreed to settle Federal Trade Commission charges that it made unsubstantiated and false advertising claims that non-surgical, EDTA "chelation therapy" is effective in treating atherosclerosis, and that the effectiveness of the therapy has been proven by scientific studies.

米国先端医療学会(ACAM)は、アテローム性動脈硬化症の治療効果に、手術を用いないEDTA『キレーション療法』に科学的な研究で効果が証明されたかのような無根拠かつ虚偽の広告を今後行わないと、米連邦取引委員会との間で和解をした。
===ここまで===

 澤登院長がこの事を知っていて、キレーション療法を薦めているのであれば悪辣だし、知らなければ許されるというレベルの話ではない……と思うのは俺の偏見。
 ……ただし広告規制はアメリカの話で、日本は無関係だと言われればそれまで。

 以前のキレーション療法のエントリで色々と調べていた時に、このクリニックと澤登院長にも突き当たっていたので、俺的に「怪しい人物」との先入観がついているのは認める。
 その上で、話を記事に戻す。記事からの引用部は青字にする。

 私のクリニックでは大きく3つのテーマを掲げています。ひとつは血管、2番は体のさびつき(酸化)、3番は栄養バランスです。狭心症、心筋梗塞、脳梗塞などを引き起こす粥状動脈硬化は血管にコレステロールなどがたまって動脈が狭窄し、血管が詰まりやすくなった状態です。

 血管にものが詰まって動脈が狭まり動脈硬化につながるあたりは、俺は専門家ではないので断言はできないけれど、正しいと思われる。
 ……日本赤十字社で血液の専門家として14年勤務していて、それでデタラメを並べるはずないだろう。……という考えからだったのだけれど、某内視鏡の医学博士が専門分野でデタラメを並べていたのを思い出したら、自信がなくなった。

 体がさびつく(酸化する)と老化が進むことはすでに科学的に十分認められています。また、ほとんどの病気の間接的あるいは直接的な原因となることもわかっています。

 「身体の酸化=老化」の図式は、似非科学・似非健康関係のよくあるパターン。「酸化=老化」の例として、新しい鉄釘と赤錆の浮いた鉄釘との比較写真を時々見かける。

 ちょっと考えてみよう。
 ヒトの身体は鉄(Fe)でできているか? 答えはNo。Yesだと思うなら、亜鉛を身体に巻くなり、微弱電流を常時流し続けるなり、pHが10かそこらの塩基性水溶液に漬かっていればよろしい。
 そもそも鉄を例に出して同列に語る自体間違えている。
 ……生命体には新陳代謝もあり、細胞は常に更新されている。この釘に浮いたサビの与太話を信じるヒトは、釘にも新陳代謝があると考えているのか、自分には新陳代謝がないと考えているのか、一体どちらなのだろう?

 ところで、細胞の酸化と老化を比較したデータが出ているとは知らなかったな。その論文をぜひ教えてほしい。

 3番目の栄養バランスに関して今大きな問題は、土壌枯れや農薬、化学肥料などで野菜や果物に含まれる栄養素が以前に比べ非常に少なくなっていることです。例えば50年前と今とを比較すると、ニンジン1本に含まれるビタミンA量は約10分の1に減っています。私たちは1日に食品添加物を1円玉1枚程度の量をとっているといわれます。食品添加物を体内で処理するにはビタミンB群などが多く必要です。つまり、私たちは昔と同じ量を食べてはいては、もはや栄養は不十分だということです。ところが、実際に私たちにどんな栄養素が足りないかは通常の検診ではわかりません。

 ……Don’t fix it unless it is broken. 壊れていないものは直すな。このフレーズが浮かんだ。
 この辺の説明は、澤登氏の妄想全開という感じだな。

 生鮮食品の栄養素が50年程昔と比べて10分の1に減っている、という話は良く聞く。ただしサプリメントの販売を目的とするサイトや提灯記事でだが。もう少し言えば、栄養素の減少の話は、根拠のないでまかせだ。

 栄養素減少の与太話は、俺の調べた範囲では、1936年6月の『Cosmopolitan』の記事が出所のようだ。
“’Dead Doctors’ doesn't die.” National Council Against Health Fraud Newsletter, Jan/Feb 1998.
   http://www.ncahf.org/nl/1998/1-2.html
===引用開始===
It turns out that the "document" is nothing more than the reprinting of a highly speculative article about a passing fad written by a Florida farmer in the June, 1936, issue of Cosmopolitan magazine as requested by Florida's Senator Fletcher.

その『記事』は、Fletcherフロリダ州知事の要請を受けたフロリダ州の農家が、1936年6月のCosmopolitanに掲載した流行に追従した記事であり、正確性の非常に低い記事以外の何物でもない。
===ここまで===

 「食品添加物を分解するのにビタミンB群がうんたら〜」の下りは初耳、かつ意味不明。
 ……分解・吸収されなければ、そのまま体外に排出されるので、なぜ体内で一生懸命分解しなくてはならないのだろう? 食物繊維などの『難消化性』のものは、分解されずに排出されるのを知らない……とか?

 さて。
 出だしから疑問満載のこの3つのテーマを実践するために、「ごきげんクリニック」では点滴療法・サプリメント療法が主軸として行われている。その代表的なものが、『キレーション療法』と『ビタミンC大量点滴療法』だ。

 キレーション療法は既に取り上げているので、ここでは省略する。
 『ビタミンC大量点滴療法』は、分子矯正医学(Orthomolecular Therapy)や『メガビタミン』で知られる似非科学だ。

私がビタミンC大量点滴療法を知ったのは、2005年にアメリカで開催されたACAM(アメリカ先端医療学会)でした。(中略)私はずっとガンの医療に従事していたので、ビタミンC大量点滴療法の発表を聞いたとき、ガンの標準的治療法の欠点を補う治療法だと直感しました。

 ここで出てきたACAM。
 ……直感で新規の医療方法を採用されては困る。せめて査読のある論文で調査してほしい。そう思うのは俺だけ?

優先すべきは標準的治療です。なぜならばビタミンC大量点滴療法よりも標準的治療のほうが、治療効果に対する科学的根拠が高いことは事実だからです。私のクリニックでは、ガンが進行して標準的治療では難しいという方や有効な治療法がないという方を除いては、標準的治療法との併用を原則としています。

 まともな医療も提供しているのか。
 うがった見方をすれば、「効果のないビタミンCの点滴だけで、医療ネグレクトで訴訟を起こされるのを防ぐため」とも取れる。
 ……これで治る患者が出たら、標準的な治療も同時に行っていた事には触れないで、「ビタミンC大量点適法でガンが治りました」と大きく宣伝するのかな?

 私自身はクリニックでガンの患者さんにビタミンC大量点滴療法を提供するだけでなく、所属する東海大学血液腫瘍内科で、再発悪性リンパ腫に対するビタミンC大量点滴療法の第一相臨床試験を行っています。

 体験談の収集ではなく、きちんとした方法で治験を集めているらしい。
 それならそれで良いのだけれど、果たして有意義なデータが蓄積できるのやら。
 ……肯定的なデータだけでなくて、「○○人を対象に試験を行った。有意差は確認できなかった」の否定的なデータも『有意義』に入れるのは言わずもがな。

   Wikipedia『治験』
     http://xurl.jp/jiq
===引用開始===
第T相試験(フェーズ T)
自由意思に基づき志願した健常成人を対象とし、被験薬を少量から段階的に増量し、被験薬の薬物動態(吸収、分布、代謝、排泄)や安全性(有害事象、副作用)について検討することを主な目的とした探索的試験である。(中略)抗がん剤などの投与自体に軽い手術や長期間の経過観察や予め副作用が予想されるものは、外科的に治療の終わった患者(表面的には健常者)に対して、補助化学療法としての試験を行うことがある。
===ここまで===

 学問の自由なので、研究すること自体の否定はしない。ただし結果が良好であれ空振りであれ、ちゃんと論文にまとめて提出してほしい。
 ……どこかの講演会で「かれこれこういう研究をしています。良好な結果が出ています」だけの話だけで終わらせずに、さ。

 さてさて。
 インタビューによれば「三番町ごきげんクリニック」で提供している医療にもまともな医療はあるようだが、HPを見る限りでは「かなり怪しい」治療法を色々と提供している「怪しいクリニック」という印象しかない。

 困ったことに、この手の怪しい医療は、なぜかメディアへの露出が多いのだよな。いわゆる『業界紙』の『健康産業流通新聞』以外では、2008年3月25日にはTBSの『これが世界のスーパードクター8 !』にも出演したらしい。
     http://tvtopic.goo.ne.jp/program/77/12117/168846/0/0/0/index.html

 放送は見ていないので内容については触れないが、ガンや循環器系の病気に悩むヒトがこれを見たら、あっさり引っかかってしまうのではないかと不安を感じる。

 「効果があるかどうかは判らないけれど、試してみないよりはマシ」と考えるのならば、それはそのヒトの自由なので、『キレーション療法』でも『ビタミンC大量点滴療法』でも受ければ良いだろう。
 だけど効果がないと報告は上げられている訳で……。
 ……そんな似非医療にお金を注ぎ込むよりも、高めのレストランで食事するなり旅行するなり、別の事に費やす方が精神的に良いと思うのだが、どうだろう?
posted by にわか旅人 at 00:59| Comment(1) | TrackBack(0) | 健康増進? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月22日

今更ながら似非科学批判批判

 かれこれ1年近くになるのかな?
 一時期、似非科学を批判するあちこちのブログで、『似非科学批判批判』が話題になった。
 「一見科学的な説明に見えるが、突き詰めれば既存の科学とは相容れない(もしくはあからさまに矛盾している)説明をしている商品や理論」を、「いや、その説明はおかしい。既存の科学では、かれこれこのように証明されている」と批判するのを 似 非 科 学 批 判とするなら、『 似 非 科 学 批 判 批 判 』は「似非科学を批判する行為を批判する行為」と言えるだろう。

 文末に「だろう」と付けたのは、似非科学批判批判について触れているブログをいくつか巡り、似非科学批判批判者のコメントを読んでもみたところ、俺の読解力と理解力の低さからか、「具体的に何を問題として、似非科学批判を批判しているのか」、俺には理解できないからだ。

 専門知識がある訳でもなく、『似非科学批判』の真似事しかできない俺の知能では、コメント欄での議論の深さと早さに参加する機が得られず、ROMするしかなかったのが実際で、ほとぼりが冷めてかなり経つ今なら、自分のブログでこそこそ書く程度であれば人目につかずに済むだろうとの希望的予測から、春を寝過ごしたカエルのタイミングで口を出してみる事にする。

 過去ログから。
 『健康産業新聞』が『似非科学批判批判』している記事に、俺なりにツッコミを入れたものだ。
   過去ログ『健康産業界の偽科学への主張?』2007年3月25日
     http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/36822643.html

 過去ログ内でも「何が言いたいのか判らない」と書いているし、改めて記事を読み直しても「で、何が言いたいの?」という疑問符が真っ先に出てくる。
 ……似非科学な商品とそれらを製造・販売する企業が多い健康業界だから、似非科学を支持するためにも『似非科学批判批判』な記事を書く責任がある、というのは判る。

 記事を書いた人物が、マイナスイオンや波動を似非科学と知っているのかどうか、は多分重要ではない。
 ……この新聞社の記者・元記者の何人かと面識があるが、あくまで会話の印象で語るのならば、科学・似非科学の区別がついていなさそう……ではあった。怪しい売り文句だと薄々感じていても、仕事だから仕方ないという諦観もあると思う。

 その記事の問題点は、既に当時にツッコミを入れているので、ここで蒸し返すつもりはない。しかし改めて『似非学批判批判』という観点で読み返すと、「似非科学を批判する人を批判する」側に観察できる独特の主張が見える。

===引用開始===
未科学を偽科学と批判するグループの、事を性急に断じてしまう考え方こそが、非科学的といわざるをえない。
   (中略)
要は科学とどのように付き合い、科学されていないもの(未科学とでも呼ぶのか)をどのように評価するのかということになる。してみれば、このところの過激なフードファディズム批判や科学と偽科学のキャンペーンも、アガリクス本の反対バージョンかと笑えてくる。
===ここまで===

1. 似非科学批判批判の特徴 その1
 似非科学批判を一からげにして語るため、どの似非科学批判を批判しているのかが判らない。

 「未科学を偽科学と批判するグループ」というのが、一体どこのグループを指しているのかは知らない。まずそのようなグループの存在を俺は知らないし、巡回ルートにあるそれぞれのブログも、各自がめいめい勝手に似非科学批判を行っており、グループを構成などしていない。

 となれば、この記事で批判されている「未科学を偽科学と批判するグループ」というのは、記事を書いた本人(と、記事を掲載した新聞社の関係者ら)の妄想の中にのみ存在する対象であり、そのような妄想内のグループを批判するなど、競泳用のプールに釣り糸を垂らすぐらいに無意味だとしか、俺には表現のしようがない。
 ……勿論、俺がそういうグループの存在を知らないだけの可能性はある。

 俺からの視点で『似非科学批判を批判』する側は、「科学的に誤った情報を、科学と称して垂れ流している」という『問題点』の部分はすっ飛ばし、「似非科学だと批判されたから、批判し返す」という脊髄反射をしているように見える。
 ……批判を投げ返した先には誰もいないのだが、『似非科学批判批判』にとっては受け取る人のいる・いないは重要ではなく、むしろ「批判し返した」という事実が重要なようだ。

 批判の批判を受け取る相手がいないのだから、更なる反論があるはずもない。それをもって「このところの過激なフードファディズム批判や科学と偽科学のキャンペーンも、アガリクス本の反対バージョンかと笑えてくる」と、勝手な勝利宣言をしている。
 ……壁に向かってぶつぶつ独り言を唱えるのなら、壁相手に勝利宣言するのが筋でないかい?

2. 似非科学批判批判の特徴 その2
 現段階では証明されていない『未科学』と、誤りと証明できる『似非科学』とを混同する。
 少なくとも俺の巡回ルートのブログで、『未科学』=『似非科学』(記事中では偽科学)と一緒くたにしている人はいないし、俺も一緒くたにしたエントリは書いていない……つもりだ。
 後の研究により証明・解明されるのを待つものを『未科学』とするならば、既に数多くの追試を経て証明されている『科学』と明らかに食い違う「科学めいた言説」を垂れ流しているのが『偽科学』『似非科学』として良い。

 具体例になるかな?
 水(H2O)は水素(H2)と酸素(O2)の化合物であり、溶媒として使用できるが、情報を記憶する媒体としては使用できない。この辺りは『科学』として認めてもらえるだろう。

 水に水素を溶かし、記憶力の低下したマウスに投与したところ、記憶力が回復した。これは過去ログでちょっと取り上げた内容だ。事の真偽はこれから行われるかもしれない追試で確認されると期待している。
 これは今後の研究結果を待つものなので、『未科学』と分類できるだろう。

 水に「ありがとう」など綺麗な言葉をかけると氷の結晶は綺麗になり、「ばかやろう」などの汚い言葉をかけると結晶は汚くなる。
 「水からの伝言」で有名(?)なセリフらしい。
 水が情報(この場合、言語)を理解する事はない。またどれだけ優秀な専門家が努力しても、水に記憶力があると証明する事もできない。ただ単に発言するだけなら構わないが、それをあたかも『科学』のように見せかけた実験を行い、結果の写真(何百枚もの写真から目的に適ったものを取捨選択)を出しているので、『似非科学』と分類できる。

 この事例2つをもって、全ての『未科学』と『似非科学』の違いを語れる訳ではないが、おおよその違いは理解できるかと思う。現在未科学とされているものが、後年『科学』となるか『似非科学』となるかは不明だが、『似非科学』が『科学』になる事はまずないと断言できるだろう。

 このように『未科学』と『似非科学』は似て非なるものなのだが、『似非科学批判批判者』の特徴の1つが、この2つを並べて同義に語っている事だ。
 「科学とどのように付き合い、科学されていないもの(未科学とでも呼ぶのか)をどのように評価するのかということになる」の部分に、それが表れている。

3. 似非科学批判批判の特徴 その3
 「似非科学でも、誰かに迷惑がかかる訳ではない/救われている人がいる」

4. 似非科学批判批判の特徴 その4
 「こんな似非科学、基礎教養程度の知識があれば引っかかる人はいない。引っかかる方の自己責任だ」

 #3と#4の主張も時々見かける気がするのだけれど、今回取り上げた過去ログとは関係なさそうなので、別の機会に回す。いつになるかは判らない。
 ……まだ考えがまとまっていないし。
posted by にわか旅人 at 21:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 似非科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月25日

秋葉原の献血センター

 ちょいと時間が経ってしまったけれど。

   矢吹美貴『メイドさんいる?アキバ献血ルーム支える男性リピーター』読売新聞、2009年2月2日
     http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090203-00000029-yom-soci(リンク切れ)
===全文掲載===
 献血者数は近年、全国的に減少が続き、特に冬場は落ち込む。
 そんな中、東京・千代田区のJR秋葉原駅近くにある「アキバ献血ルーム」が盛況だ。開所以来の3年間で、献血者数を1・5倍に伸ばす勢い。アキバの街に足しげく通う男性たちが熱心な「リピーター」となり、血液の需要を支えている。

 秋葉原電気街の中心部に立つオフィスビルの1階。木目調のテーブルと約30席のいすが並ぶ待合室は週末、献血を待つ人で満席になる。本棚はアキバらしく漫画本約800冊でぎっしり。これほどの数になるのは、献血者自身が寄贈してくれるからという。

 先月下旬、土曜日。漫画を開いて順番を待っていた千葉県船橋市の新聞販売店長、佐藤智一さん(29)は「ゲームを買うついでによく寄るんです」と笑顔。献血歴16回のうち13回がアキバルームでの献血だった。

 同ルームが開所したのは2005年6月。「すべてはあれから始まった」と東京都赤十字血液センターの矢沢幸雄広報係長(50)は振り返る。06年3月の1か月間、ルームの宣伝のため、近くのフットケアサロンの女性に来てもらい、献血者にメイド姿で手のマッサージをするサービスを行ったのだ。

 日本赤十字社本社には「品位がない」と不評の声もあったが、反響は大きく、ネットで知った男性たちが有志を募り、約60人がいっぺんにやってきたことも。メイドのサービスはその時だけだったが、今も「メイドさんは?」と訪ねて来る人がいるという。

 他の献血ルームでも手相やタロット占い、メンタルセラピーなどの無料イベントを行い、献血者を募っているが、アキバでは月1回、手相占いをするだけ。それでも、05年度に約2万2100人だった献血者は、06年度約3万人、07年度約3万4600人と増加。最近ではますます勢いがつき、昨年夏には採血ベッドと問診室を増設したほどだ。

 特徴は男性の比率の高さ。日赤によると、都内の献血者の男女比は6対4ほどで推移しているが、アキバだけは男性が85%に跳ね上がる。200と400ミリ・リットルのうち、400を選ぶ人が91%(07年)を占め、都内平均を8ポイントも上回っている。買い物や旅行のついでに立ち寄る人が多く、献血者の住所は北海道から沖縄まで。全国でも著名な血液センターになった。

 2か月に1度、買い物に来る度に立ち寄るという群馬県太田市の男性会社員土岐操さん(35)は「人とかかわるのは苦手だけど、献血なら深くかかわらなくても社会貢献できるから」。週末ごとに開かれる声優やアイドルらの無料ライブを見に来る東京都江戸川区の男性会社員(29)は「午前と午後のイベントの合間は暇なので、休みがてら献血する。寝ているだけで良いことをした気分になれる」と話した。
===ここまで===

 秋葉原の献血センターと言えば、JR秋葉原駅とその周辺が改修されるより前、公園横のプレハブ小屋(だったっけ?)を『献血センター』と言っていた頃から、たまに立ち寄っていた。新旧のセンターで合わせて10回近く秋葉原で献血しているはず。
 だけど「足しげく」は通っていない。2008年は年末の1回しか献血に行っていないし、場所もなぜか池袋の献血センターだ。

>献血者にメイド姿で手のマッサージをするサービスを行ったのだ。
 2006年の3月頃は最初の採血の段階で一部の数字が悪く、センターに行っても献血できずにいたのだよなぁ……。
 ……メイドに誘われ、ふらふら中に入っていった記憶はある。残念ながらマッサージはなかった。

   過去ログ
     http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/19464693.html
     http://tsure-zatsu.seesaa.net/article/36732609.html

>特徴は男性の比率の高さ。(中略)アキバだけは男性が85%に跳ね上がる。
 煩悩全開?
 でもまぁ、輸血用の血液はいつでもどこでも足りないようだし、献血自体悪い事ではないし、問題なし。
 ……献血をHIV他感染症のチェックに使う人は除外する。

>午前と午後のイベントの合間は暇なので、休みがてら献血する。
 何と言うか……秋葉原に来る人達の特徴を良く表しているなぁ、と感心。
 ……俺はイベントには行かないけどな。

 さて。
 昨年末は400mL献血だったので、次回献血ができるのは今年3月になってから。
 PCの周辺機器を買うかどうか迷い中だけど、秋葉原に行く事があったら、久々にここの献血センターにでも行ってみようかな?
posted by にわか旅人 at 01:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康増進? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月24日

『健康本の世界』が削除された模様

 怪しい団体や似非科学・似非健康本とその著者をかなりの数把握している事で、データベースとして重宝していた『健康本の世界』が、2009年2月22日頃に削除されてしまった……ようだ。2月21日では普通に開けたと記憶しているので、削除されたとすれば22日以降だろう。

   『健康本の世界』跡地
     http://khon.at.infoseek.co.jp/

 ……更新中で見えなくなっているだけかもしれないので、とりあえず「ようだ」としておく。

 『健康本の世界』との関連の有無は知らない。
 Wikipediaからはニセ勲章『ザンテ・聖デニス・ギリシャ勲章』の項目が、2009年2月15日から削除対象に上げられている。

   Wikipedia『ザンテ・聖デニス・ギリシャ勲章』
     http://xurl.jp/h0l

 削除の理由は、ソースとしたサイト(の1つがなぜかこのブログ)の中立的視点に問題あり、との事らしい。

 勿論、『健康本の世界』でも当該ニセ勲章を網羅していたので、削除された日にちの近さもあり、何か関係でもあるのかと疑ってしまった。
 ……ざっと調べたところでは、関係はなさそうだ。偶然らしい。

 『健康本の世界』は良くも悪くも、あちこちの業者・個人から削除依頼を受けていたし、管理人氏もいつサイトを丸ごと削除されるか判らないような事を書いていた。その懸念していた日がついに来てしまった、という事かねぇ?
 ……本当に削除されてしまったのなら、とても残念な話だ。
posted by にわか旅人 at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 表現規制 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月11日

自閉症の原因にワクチンは関係ない

 前回紹介したムーパパ氏のブログだが、2009年1月下旬に削除されてしまった。かれこれ3年更新せずに放置していたから、プロバイダの方で削除したのだろうか。
 ……当ブログでも取り上げている『ナチュラルクリニック代々木』の話もあり、色々と参考にしたかっただけに残念な事だ。

 さて。
 前回は自閉症とキレーション治療の関係について、つらつらと書き連ねてみた。その中で、「自閉症の原因は水銀の蓄積である」旨の風説が流布されていると、ちらと述べた。
 この時は、「予防接種ワクチン(に使われている水銀)が自閉症の原因だ」と主張するサイトはいくつか見つけていたものの、主旨から外れていたので詳しくは調べていなかった。
 それが今月になり2件の関連するサイトが出てきたので、とりあえず紹介する事にした。3つ目は、『忘却からの帰還』で取り上げていた元記事。
 ……NATROM氏のブックマークに感謝。

  『ワクチンと自閉症:多くの仮説があるが何の相関もない』食品安全情報blog、2009年2月2日
     http://d.hatena.ne.jp/uneyama/20090202#p1
  『「自閉症とMMRワクチンの関連を示す」論文のデータがフェイクだった by Times』忘却からの帰還、2009年2月9日
     http://transact.seesaa.net/article/113887944.html
  Brian Deer “MMR doctor Andrew Wakefield fixed data on autism”
The Sunday Times, February 8, 2009.
     http://thetim.es/1qK1KNN

 これらによると、だ。
 ワクチンが自閉症の原因だと発表したのはAndrew Wakefieldと研究チームで、その論文は1998年2月の『The Lancet Medical Journal』にて掲載された。
 予防接種を受けた12人中8人の子供の家族が、自閉症の原因はMMR(新三種混合)ワクチンの接種後数日で、自閉症の症状が出てきたと言うものだ。

 実はこの論文、Lancet誌は後日取り消している。
  『英医学雑誌が「ワクチンと自閉症の関連示した論文の掲載は誤り」と発表』 A Forward-
looking Child Psychiatrist
、2004年3月5日
     http://bit.ly/1jEG77Q

 しかしながら、Lancet誌のこの論文が火付け役となり、自閉症の原因は予防接種ワクチンに在りとする「いわゆるカルト」の土壌ができあがったのだろう……とは、俺の勝手な想像。
 ……死に直結しない自閉症を避けるために、子供の生死に関わるリスク回避を怠る行為は、優先順位の選択ではなくて虐待の一種だろ? しかもこれは1児童・1家族の問題でなく、地域全体の問題にもなりかねない……「反社会的な宗教団体」という事で、ここではカルトと言わせてもらった。

 「ワクチン有害説」「ワクチン否定論」の走りとなったWakefieldの論文に話を戻す。
 対象が12人と少数なだけでも信頼性は薄いと思うのだが、Deerの記事によると、元となった12人のデータが、実はねつ造だったらしい。
 WakefieldらがLancet誌に掲載した12人の症状と、病院側で調査した12人の症状は異なっていたと言うのだ。論文ではワクチン接種後に自閉症の症状が出たと書いてあったのが、病院の調査では、1人を除きワクチンを接種する前から症状は出ていたそうだ。
 ……Wakefieldはねつ造については否定しているが、2004年のBBC Newsの記事によると、ワクチンで自閉症になったと訴訟中の家族から研究費用をもらっていたようなので、どの程度の信頼性があるのやら……。

   “MMR study doctor calls for probe” BBC News, February 22, 2004.
     http://news.bbc.co.uk/1/hi/health/3512079.stm

 とは言え。
 ワクチンと自閉症とは無関係だとする論文は、Wakefieldの後にもいくつも出ていたのに、「ワクチン原因説」を信じる人はいる。今さら元の論文がデマだと知れたところで、その人達がこれまでの信仰を変えたりはしないだろうな。
 ……そしてそれに便乗して、キレーション治療など効果の期待できない「いかがわしい医療」で商売する医師・医学博士の跳梁跋扈も。

 最後に。
 前回のエントリでは、「子供が自閉症になった原因が、自分達の遺伝的特質にあるのを認めたくないから、自責感を避ける方便に水銀に原因を押し付けている」という旨の一文を書いた。

 『忘却からの帰還』では、「ワクチン否定論者」がワクチン否定論を信じたがる別の説明をしている。
===引用開始===
人間の精神は、世界はランダムであると考えるよりも、神秘的で目に見えない力が秘かに働いていると信じたがる。そして、あらゆるデータに、人々は誤ったパターンを見出し、株式市場にトレンドを見出し、なじみの人間に陰謀を見出す。コントロールを失うと、たとえそれが空想上の秩序であっても、本能的に秩序を求め、合理的な人々が実際には存在しないパターンを見出すようになる。
   (中略)
このような人間の推論傾向を思えば、「たまたま、自分たちの子供が自閉症の遺伝要因を持っていた」と考えるよりも「製薬会社の製造したワクチンによって、自分たちの子供が自閉症になった」と考える方が自然である。
===ここまで===

 ……なるほど。陰謀論者の思考の可能性もあるか。
 ただし陰謀論に踏み込んだ話は、個人的には勘弁してほしいところ。
 ……巡回先の似非科学批判のブログに出没する陰謀論者のコメント内容が、俺には理解不能なので。
posted by にわか旅人 at 14:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 健康増進? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
記事検索
 
<< 2014年05月 >>
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
日記(6)
悪徳商法追放(67)
似非科学(25)
健康増進?(25)
展示会(20)
表現規制(7)
ぴーかんバディ(11)
読書(5)
最近の記事
(05/13)鼻血の原因を被ばくに求められてもね
(11/05)株式会社Ridaに3ヵ月の業務停止命令
(11/26)いまさらマイナスイオン
(08/23)ゼロ(零)磁場
(08/13)オールイン被害弁護団結成
最近のコメント
サンヨーメガ社、そろそろ終焉? by DfeaWournHA (05/20)
サンヨーメガ社、そろそろ終焉? by LtujWournTL (05/17)
サンヨーメガ社、そろそろ終焉? by LmklWournES (05/17)
サンヨーメガ社、そろそろ終焉? by LbgtWournOQ (05/16)
サンヨーメガ社、そろそろ終焉? by AbbrtWournIG (05/16)
最近のトラックバック
オールイン被害弁護団結成 by なにわ金融道~借金の掟~(08/17)
某学位商法の客員教授の話 by CATのアメリカ東海岸留学(08/03)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by スパムGメン -迷惑メール...(04/19)
株式会社センチュリオン(Cyber Entrance) by Tamaki's blog(04/16)
先物取引の「ユニテック」 by どうみても日記です(02/18)
リンク集
CATのアメリカ東海岸留学
うぇるかむ☆TO☆まいるーむ♪
悪徳商法さようなり☆|家|/・x・)/・x・)♪
RAKUKAWAシティ
過去ログ
2014年05月(1)
2012年11月(1)
2009年11月(1)
2009年08月(2)
2009年05月(1)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。